シネマピア

【映画レビュー】モーリタニアン 黒塗りの記録

mauritanian_001.jpg

9.11アメリカ同時多発テロの首謀者として不当に拘禁された男の真実とは……?! 原作は、その男自身が綴り、アメリカで出版された手記。それに衝撃を受けたベネディクト・カンバーバッチが映画化を望み、プロデューサーとして自身の制作会社で映画化を進めるうち、出来上がった脚本に感銘を受けて出演も名乗り出ることになったという感動作。弁護士役を演じたジョディ・フォスターは、第78回ゴールデングローブ賞で最優秀助演女優賞を受賞。

2005年。弁護士のナンシー(ジョディ・フォスター)は、キューバのグアンタナモ米軍基地に拘束中の男の弁護に名乗りを上げる。無論、彼女が信条として行っている無償の奉仕活動の一環だ。男の名はモハメドゥ・スラヒ、アフリカのモーリタニア出身。9.11の首謀者とされての拘束だが、それまで裁判は一度も開かれていない。一方、アメリカ軍のスチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)は、「モハメドゥを死刑に」と軍からの命を受ける。愛国心と正義感と敬虔なクリスチャンとしての信仰心を胸に、ナンシーとの闘いに闘志を燃やすスチュアートだったが……。

mauritanian_002.jpg

ジョディ・フォスターとカンバーバッチ。ハリウッドのこの2大スターの共演のもと、アメリカ政府の悪行を正面から描いた、紛れもない実話。それが本作だ。

黒塗りの書類......我々日本人も、日本のニュースでその海苔弁のような書類を目にしたことがあるだろう。政府にとって都合の悪いことは、とことん下々の者に知らせない。それは日本政府のみならず、アメリカ政府とて同じだったのだ。多くの国民の目に見えないところで、犯人に仕立て上げられた者の人権は蹂躙され、罪のない人々の人生が破壊される。証拠も不十分なまま、自白メインで調書が作られ、何の法的根拠もないまま拘束が続く。これを地獄と言わずして、何と呼べばいいだろう。

だがそんな地獄の中にさえ、一筋の蜘蛛の糸が垂れてくる。ナンシー演じるジョディ・フォスター、58歳だ。齢を重ねてもその姿は凛として美しいままだ。否、歳を重ねたからゆえの貫禄が増し、本作の「決して諦めない女」の役としての箔も付いている。深く刻まれた顔のシワでさえも、勲章のように凛々しく輝く。ああ、私もこんなふうに年を取れたらいいのだが......。外見はともかく、ジョディ演じたナンシーのように、正しさをこの手に勝ち取るまで、決して何事も諦めない人間でありたい。そしてモハメドゥのように、彼が劇中で判事に語るとあるアラビア語の意味のように、たとえどんな災難が自分の身に降りかかろうとも、決して決して、誰のことをも憎まない人間でありたい。

......余談だが、今まさに私も、青天の霹靂というか寝耳に水というか、予想だにしなかった事態の真っ只中にいる(勿論、モハメドゥほどの困難ではないが)。だから尚更、私の心は本作と共鳴するのだろう。モハメドゥがイスラムの神に捧げた祈り、そしてスチュアートがキリストの神に捧げた祈り、どちらも真逆の立ち位置からの祈りにだったにも関わらず、その先には同じひとつの真実が光り輝いていた。私にもまた、私が祈る先にはただひとつの真実だけが待ち受けていることだろう。嘘を何度繰り返したところで、真実をどんなにあやふやな言葉で誤魔化そうとしたところで、嘘が真実になることはないのだから。世界は真実だけで出来ているのだから。

本作鑑賞にあたり、重要なことをひとつ。物語が終わったかのように観えたそのあとも、決して気を抜かないで字幕を注視していただきたい。頭を抱えて言葉を失くしてしまう、驚愕の事実がそこにある。それがアメリカの現実だ。

原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ「モーリタニアン 黒塗りの記録」(河出文庫)
監督:ケヴィン・マクドナルド(『ラスト・キング・オブ・スコットランド』、『消されたヘッドライン』)
脚本:M.B. トレイヴン、ローリー・ヘインズ&ソフラブ・ノシルヴァニ
出演:ジョディ・フォスター(『告発の行方』、『羊たちの沈黙』、『コンタクト』、『フライトプラン』)、ベネディクト・カンバ―バッチ(『裏切りのサーカス』、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』、『それでも夜は明ける』、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)、タハール・ラヒム(『預言者』、『マグダラのマリア』)、シャイリーン・ウッドリー(『ファミリー・ツリー』、『ダイバージェント』)、ザッカリー・リーヴァイ(『シャザム!』、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』)
配給:キノフィルムズ
公開:10月29日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
公式サイト:https://kuronuri-movie.com/ 

© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 


記:林田久美子  2021 / 09 / 09











エンタメ シネマピア   記:  2021 / 09 / 10

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】さがす

「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺…

旅塾

▲このページのトップへ