シネマピア

【映画レビュー】ラストナイト・イン・ソーホー

LNIS_001.jpg

現代と60年代、二つの世界で二人の少女の“夢”が交差する……。ファッション・デザイナーを夢見て田舎から都会に出てきた彼女が見たものは、ただの幻覚か、それとも現実なのか? 『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライト監督が、『ジョジョ・ラビット』『オールド』のトーマシン・マッケンジーと『ウィッチ』『スプリット』のアニャ・テイラー=ジョイのダブル主演を迎えて贈るタイムリープ・サイコ・ホラー。

60年代に憧れを抱くエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、ファッション・デザイナーを目指して生まれ育った田舎町から大都会のロンドン、ソーホー地区へと住居を移す。普通の人には見えない“あるもの”を見る力を持つ彼女だったが、そのせいもあって性格は内向的でコミュ障で、同じカレッジのクラスメイトともなかなか馴染めない。そんなある夜、彼女は不思議な夢を見る。憧れの華やかな60年代、歌手を夢見る少女、サンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)の姿がそこにあった……。

LNIS_002.jpg

まずのっけから、主人公エロイーズのドジで内気な性格、地味な見た目、集団に馴染めないさま......、これらはすべて在りし日の(または現在の)自分を見ているようで、一気に物語に引き込まれる。彼女が繰り広げる一連の痛々しい言動を見るにつけ、「私もこんなだったわ...」と、自分自身の黒歴史もまた紐解かれてしまう。幸い、私には"あるもの"を見る能力はないが、エロイーズ同様、いわゆる感受性は高い方なのだろう。細々とではあるが作詞家業を営んでいられるのも、恐らくそのお陰なのだと思いたい。

そんなふうに一方的にシンパシーを感じまくるエロイーズとは対照的に、サンディは大胆で活発でそしてオーラがあり、自分の夢を叶えるためにはチャンスを決して無駄にしない。エロイーズにとってはまさしく憧れの存在なのだ。

夢多きエロイーズのリアルなこの夢は、単なる夢の中のお話しのようでいて、実はそうではないことが徐々に紐解かれていく。夢の中の60年代のサンディ、現実世界の現代のエロイーズ。当時のサンディに何があったのか、現代のエロイーズは彼女に何をしてあげられるのか。本作は幻想的なホラー作であると同時に、その軸は実はミステリーなのである。

そして辿り着く真実。現実というものはこんなにも残酷なのか。そしてその"残酷"さは60年代だけではなく、残念ながら現代にも起こっているのだろう。程度は違えど、私も似たような経験がある。本作は幻想的なホラー・ミステリーというだけではなく、根深い社会問題への問題提起という側面も持つのだ。

本作はホラーだが、グロさはなく、とてつもない恐怖に何度も何度も襲われる系ではない。その映像の美しさは、人の悲しみと、真実を追い求めることの尊さを際立たせる。是非とも劇場の大スクリーンでご覧いただきたい美しさなのだ。

LNIS_003.jpg

監督:エドガー・ライト
脚本:エドガー・ライト、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
出演:トーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイ、マット・スミス、テレンス・スタンプ、マイケル・アジャオ
配給:パルコ ユニバーサル映画
公開:12月10日(金)、TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開
公式サイト:https://lnis.jp/ 

© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 


記:林田久美子  2021 / 12 / 08











エンタメ シネマピア   記:  2021 / 12 / 09

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】渇きと偽り

干ばつが続くオーストラリアの片田舎…

旅塾

▲このページのトップへ