シネマピア

アザー・ガイズ

20110816picm.jpgアレン役は『俺たちフィギュアスケーター 』、『俺たちダンクシューター 』など全米大ヒットを連発する“Mr.俺たち”こと、ウィル・フェレル。ベタな三枚目キャラとはひと味違う知性派コメディアンのフェレルが、シュールな変人刑事を怪演する。
テリー役には『ザ・ファイター 』、『マックス・ペイン 』などでタフなヒーローを演じてきたマーク・ウォルバーグ。『ディパーテッド 』の刑事役でアカデミー助演男優賞ノミネート経験もある本格派俳優が、コメディ初挑戦でダメ刑事を熱演する。長年タッグを組むフェレルとアダム・マッケイ監督が放つ本作は、全米興行ランキングで『インセプション 』を抜き初登場ナンバーワンに躍り出ると、トップ10内を6週キープする快進撃を見せた。

20110816pic1.jpgニューヨーク市警でコンビを組むアレン・ギャンブルとテリー・ホイツは、いつもヒーロー刑事の活躍を恨めしくながめるだけの“アザー・ガイズ=その他大勢”だった。アレンは無駄に図体はデカいが、コンピュータの前を離れず書類整理に精を出し、危険な現場には出向こうともしない引きこもり刑事。
テリーは熱血で腕にも自信があり、やたら威勢だけはいいのだが、いざという場面でドジを踏むカラ回り刑事。上司からは見放され、手渡された拳銃は木のオモチャ。移動はエコカー。長いものにはすぐ巻かれる。そんな二人が何を間違えたか、金融界を揺るがす国家レベルの“巨悪”に立ち向かってしまうのだった――。

リーサル・ウェポン 』(87年)の大ヒットでタフな刑事コンビが暴れるアクション映画が多数登場した。現在の刑事物アクション映画のほとんどがこのタイプといってもイイだろう。そうした映画を称してバディ(相棒)・ムービーという。
日本では古くは『噂の刑事 トミーとマツ 』……あまりの人気で『スター・ウォーズ 』が初めてテレビ放送された際にはマツ=松崎しげるがハン・ソロの声を担当したほど。あまり関係ないですね! そんなバディ・ムービーを皮肉った映画がこの作品、となる。

映画前半、“ロック”ことドエイン・ジョンソンとサミュエル・L・ジャクソンのコンビが超々スーパー刑事ヨロシクなカーチェイスを繰り広げ、一般市民を滅茶苦茶に巻き込み、犯人を問答無用で射殺し、やたらと高いビルから飛び降りるなどの定番アクション映画を見せつける!
今では、あたりまえとなったこのアクッション・シーンもよくよく冷静に考えると笑えちゃいますよね!でも、この二人のスーパー刑事映画、やっぱりアクション映画好きにはたまらない、この二人で1本映画を作ってほしい感じです。

20110816pic2.jpgしかし本当の主役は、スーパー刑事ではない方のコンビ。ヤンキースの人気選手を誤射してNY市民すべてから憎まれるドジ刑事マーク・ウォルバーグと、事務処理が大好きな引きこもり刑事ウィル・フェレル。フェレルの愛車はプリウス。
BGMに流れるのはバリバリのハードロックではなく、ソフト&メロウなリトルリバー・バンド。このなんとも真逆な感じが妙に微笑ましいのです。そして、立ち向かう敵もまったく違う、マフィアや麻薬王ではなくて、ウォール街の証券マン。エンドクレジットで、アニメーションを使って金融崩壊の仕組みをわかりやすく図解してくれるので、その部分も要チェックです。
そして流れる歌は『マギーズ・ファーム』。「マギーの農場ではもう働きたくない」と歌うボブ・ディランの名曲を、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンがカバー。彼らは、ウォール街のNY証券取引所の階段でゲリラ・ライブを行なって逮捕されたことがあるほどの筋金入りロッカーだ。

金融崩壊の「犯人」である銀行や証券、保険会社。「必要なのは犯人を実刑に処すことだ。そうしなければ奴らはまた繰り返す」。そう、ウォール街の悪党どもを退治できるのは拳銃を振り回すタフガイじゃない。コンピュータおたくの引きこもり刑事ウィル・フェレルなのだ。
「新しい悪と戦うために新しいヒーローを創造する。この映画で目指したのはそれなんだよ」とマッケイ監督は語っている。新しいタイプのバディ・ムービー! 皮肉たっぷりのこの映画で、この夏大笑いしちゃいましょう!!


監督・脚本:アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル/マーク・ウォルバーグ/エヴァ・メンデス/マイケル・キートン/サミュエル・L・ジャクソン/ドゥウェイン・ジョンソン
配給:日活
公開:8月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、横浜ブルク13ほか全国順次ロードショー
公式HP:http://www.otherguys.jp

©Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved















エンタメ シネマピア   記:  2011 / 08 / 16

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ