シネマピア

恋の罪

20111111cpicm.jpg日本で鬼才と言えばこの人しかいない、園子音監督。90年代の渋谷ラブホテル街で起きた実際の事件にインスパイアされて創りあげた、三人の女たちの愛憎と倒錯と狂気の渦巻く世界が本作。
冷たい熱帯魚』で世界中の映画ファンを虜にした監督の金字塔とも呼べる作品が、また人々に人間の悍ましさを垣間見せてくれた。

20111111cpic1.jpgある夜、渋谷の無人アパートで女性の死体が発見される。現場に向かった刑事、吉田和子(水野美紀)が見たものは、一部がマネキン、一部が人間の体といった異様なバラバラ死体だった......。

事件を追う女刑事・吉田。ベストセラー作家の妻としてセレブで裕福な暮らしを送る一方、女の本能が満たされない生活に不満を感じる菊池いずみ(神楽坂恵)。ふたつの顔で強烈な存在感を放つ尾沢美津子(冨樫真)。この三つの性がプリズムのように違う光を放ちながら、トライアングルのように響き合う。だがそのトライアングルは、この三人の女を......そして観る者を得体の知れない奈落に引きずり込んで離さないバミューダ・トライアングルなのだ。

いずみと美津子が交わす言葉はまるで詩編のように美しく聞こえるが、出口のない迷宮を彷徨う中で自分を慰める言葉かのように、実は空虚だ。だが何故そうした「言葉遊び」を美津子が繰り返していたかは、クライマックスのどんでん返しのあとでようやく腑に落ちることになる。見事。

一見、純然たる「恋」など本作には存在しないかに思える。だが、とある登場人物の、思春期のとある葛藤、それこそが本作での「恋」であり、それが機縁となって本作の「罪」を招きよせている。……だからこその「恋の罪」。

三人の女優の全裸シーンは、当然ながら見どころのひとつ。だが、脇役ではあるが「アンジャッシュ」の児島一哉が非常に素晴らしい味で演じている点も侮れない。
バラエティ番組ではいじられ役として定着している彼だが、これだけ毒味の効いた演技ができるのであれば、今後も出演作は増えるのではないだろうか。

プライベートでも、近く監督は主演の神楽坂恵と結婚するという。(これはあくまでも推察だが)S気質の監督と、あれほどある種過酷な演技で女優として開花することができたM気質の神楽坂が、磁石のように引かれ合った結果だろうか。私生活が充実した結果としての次作を早くも待ち望んでしまうのは、私だけではないだろう。


監督・脚本:園子温
出演:水野美紀/冨樫真/神楽坂恵/児嶋一哉(アンジャッシュ)/二階堂智/小林竜樹/五辻真吾/深水元基/内田慈/町田マリー/岩松了(友情出演)/大方斐紗子/津田寛治
配給:日活
公開:11月12日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー
公式HP:koi-tumi.com
あそびすとニュース:冨樫真&川島なお美登場!  

©2011「恋の罪」製作委員会















エンタメ シネマピア   記:  2011 / 11 / 11

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ザ・メニュー

有名な高級レストランで提供されたの…

旅塾

▲このページのトップへ