シネマピア

【新着情報】凶悪

kyoaku_01.jpg人間はどこまで凶悪になれるのか。誰もが凶悪となりうるのか。人間が持つ正義とは。

山田孝之が熱演! ピエール瀧&リリー・フランキーの怪演に圧倒!
映画『凶悪』の“闇に埋もれてはいけない”特報映像、初解禁!!
日活配給の映画『凶悪』が、9月21日より全国公開となる。この度、本作の<特報映像>が、解禁。個性溢れるキャストのコラボに期待がかかる映画『凶悪』の初映像。

特報映像はこちら

kyoaku_02.jpg★特報の見どころ★
キーワードは、「死刑囚」「獄中からの告白」「3つの殺人事件」「先生と呼ばれた男」「死の錬金術師」のみ。
事件を追うジャーナリスト・藤井(山田)の「闇に埋もれてはいけないんだ」と感情をむき出しにする鬼気迫る姿。余罪を告白する死刑囚・須藤(ピエール瀧)と、“先生”と呼ばれる男(リリー・フランキー)から垣間見えるのは、心の奥底に秘めたる狂気。日本映画界を牽引する若手俳優の代表格【山田孝之】の凶悪と対峙する鬼気迫る熱演、【ピエール瀧】と【リリー・フランキー】が初の悪役に挑戦し、誰も観たことのない怪演が予見される。張り詰めた緊張感が本作への期待をさらに高める!!
張り詰めた緊張感が支配する、比類なき極限のドラマが幕を開ける。

kyoaku_03.jpg死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー「ノンフィクション新潮45 編集部編『凶悪―ある死刑囚の告発―』」。この作品を個性溢れるキャストを迎えて映画化した『凶悪』は、人間誰もが内に秘める、深い心の闇へ切り込んだ究極のドラマとして完成。
主人公は、東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会し、取材を開始する雑誌ジャーナリスト藤井(山田孝之)。その藤井と対峙するのは、死刑判決を受けながらみずからの余罪を告発する須藤(ピエール瀧)。須藤が、”先生”と呼ばれるすべての事件の首謀者・木村(リリー・フランキー)の存在を藤井に伝えることから物語がはじまる。

kyoaku_04.jpgこの重量級の人間ドラマを手かげたのは、故若松孝二の愛弟子・白石和彌監督。張り詰めた緊張感が支配する映画『凶悪』は、白か黒かで割り切れない人間の複雑さを描き、手に汗握る観客の良識に激しくゆさぶりをかける。誰も観たことのない個性溢れるキャストのコラボレーションが、センセーショナルな題材でどのような化学変化を起こすのか。日本を震撼させた殺人事件の真相とともに、観るものの心を衝く極限のドラマが幕を開ける!!

kyoaku_05.jpg「自分は死刑判決を受けた事件の他に、誰にも話していない3つの殺人に関わっています。そのすべての首謀者は、自分が“先生”と呼んでいた男です。そいつが娑婆でのうのうと生きているのが許せない。この話を記事にしてもらい、先生を追いつめたい。」
獄中からの告白。“先生”と呼ばれた男。死の?金術師。史上最悪の凶悪事件、その真相とは―。


監督:白石和彌
脚本:高橋泉/白石和彌
出演:山田孝之/ピエール瀧/池脇千鶴/リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪―ある死刑囚の告発―』(新潮文庫刊)
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活
公開:9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:www.kyouaku.com

 

©2013 「凶悪」製作委員会















エンタメ シネマピア   記:  2013 / 06 / 07

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】魔法少年☆ワイルドバージン

★『黒い暴動』『サラバ静寂』の宇賀那健…

旅塾

▲このページのトップへ