シネマピア

【新着情報】ラブ&ピース

love-peace001.jpg監督は『愛のむきだし』、『ヒミズ』など海外の評価も高い、日本映画界の至宝・園子温。いままでの“園子温ワールド”のイメージと一線を画す本作は血が出ない! 誰も死なない! エロくない! しかし園監督らしい超展開はそのままに、愛と希望と夢で綴られた極上エンタテイメント。今回、園子温が初の特撮を用いて演出し、崩壊する東京の街に巨大化した“LOVE”=愛の怪獣が東京の街に現れます。驚愕の超展開でありながら、東京に愛が降り注がれるそのクライマックスは、観たこともない【感動と涙】を誘う。

2015年夏。来るオリンピックに向けて盛り上がる東京の街。
楽器の部品会社で働くサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)は、以前はロックミュージシャンを目指していたが挫折し、それ以来うだつのあがらない毎日を過ごしていた。同僚の寺島裕子(麻生久美子)に想いを寄せているが、小心者すぎてまともに話すこともできない。ある日、良一はデパートの屋上で一匹のミドリガメと目が合い、運命的なものを感じる。良一は、その亀にピカドンと名前をつけてかわいがるが、会社で同僚にからかわれピカドンをトイレに流してしまう。すぐに後悔し失意の良一だったが、ピカドンがその後下水道を通り地下に住む謎の老人に拾われたことにより、良一にはその後には思いもよらない超展開が待っていた……。

うだつのあがらない日々を過ごす主人公のサラリーマン・鈴木良一に『鈴木先生』『セカンドバージン』の実力派俳優・長谷川博己。彼が想いを寄せる女性・寺島裕子に『モテキ』『ニシノユキヒコの恋と冒険』の麻生久美子。そして、本作で『希望の国』を観て以来出演を待望していたという日本を代表する名優・西田敏行が物語の鍵を握る謎の老人役で出演します。ほかにも、渋川清彦、奥野瑛太、マキタスポーツ、深水元基、手塚とおる、田原総一郎、水道橋博士、宮台真司、茂木健一郎、津田大介、真野恵里菜、神楽坂恵、松田美由紀と豪華出演陣が集結いたしました。そして今回特撮を駆使したキャラクターたちの声の出演に星野源、中川翔子、犬山イヌコ、大谷育江と、個性的な俳優・声優たちが出演。

巨大な亀の上にメインキャスト3名ほかが描かれているティーザービジュアルのイラストを手掛けたのは漫画家・イラストレーターとして活躍している山田章博。また、このアートディレクションは本編で特技監督を務めている特撮界の俊英・田口清隆が手がけた。公式サイト(PC&スマホ)では、このビジュアルの壁紙ダウンロードを無料プレゼントする予定!(現在準備中)



【キャスト・スタッフ/コメント&プロフィール】

●監督:園子温
コメント:「この作品は俺の魂の集大成だ」
プロフィール:愛知県豊川市出身。1987年『男の花道』でPFFグランプリを受賞。PPFスカラシップ作品『自転車吐息』(90)は、ベルリン国際映画祭正式招待のほか、30を超える映画祭で上映された。『愛のむきだし』(08)で第59回ベルリン国際映画祭カリガリ賞・国際批評連盟賞を受賞し、『冷たい熱帯魚』(11)では第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門・第35回トロント国際映画祭ヴァンガード部門正式出品、『恋の罪』(11)では第64回カンヌ国際映画祭監督週間で上映、『地獄でなぜ悪い』(13)は第70回ベネチア映画祭オリゾンティ部門正式出品・第38回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門観客賞受賞と、世界的にもっとも評価されている日本人監督の一人である。また、『ヒミズ』(12)では第68回ヴェネチア国際映画祭にて主演二人にマルチェロ・マストロヤンニ賞をもたらし大きな話題となった。映画以外にもドラマ「時効警察」シリーズ(06/07)、「みんな!エスパーだよ!」(13)等の脚本・演出を手掛けたり、小説、音楽、TVなど様々な分野で幅広い表現活動を行なっている。本年の公開待機作には『新宿スワン』がある。

love-peace002.jpg●鈴木良一(すずき りょういち)役/長谷川 博己
うだつの上がらない日々を過ごす小心者のサラリーマン。若い頃はパンクロッカーを夢見ていた。同僚の寺島裕子に想いを寄せている。ある日、デパートの屋上で売られている一匹のミドリガメ“ピカドン”と出会ってから、超展開の人生を送ることになる。
コメント:「今回、園子温監督作品で二度目の出演、そして初めて主演を務めさせていただきました。
一人の冴えないサラリーマンがロックスターになる、そして怪獣が出てくる特撮映画だ、と聞いて一体どんな映画なのか想像がつきませんでしたが、出来上がった作品をみて不覚にも涙しました。見る人たちそれぞれにカタルシスのある作品です。
過酷な撮影は、二度と園監督の作品に出たくない!とも思わせましたが、やはりやって良かった! また新たな一面を引き出していただきました。
園子温監督の自由な発想、魂の叫び、また皆さんが度肝を抜かれる事となるでしょう。どうぞお楽しみに」
プロフィール:東京都出身。1977年生まれ。「カリギュラ」(07)、「ヘンリー六世」(10)、「海辺のカフカ」(12)などの多数の舞台作品に出演する傍ら、「セカンドバージン」(10/NHK)、「鈴木先生」(11/TX)、「家政婦のミタ」(11/NTV)、「雲の階段」(13/NTV)と話題のドラマに次々と出演し一躍注目を浴びる。12年、エランドール賞新人賞、第35回日本アカデミー賞新人俳優賞、橋田賞新人賞などを受賞。以来、実力派俳優として映画、ドラマ、CMと幅広く活躍している。近年の映画出演作に、『セカンドバージン』(11/黒崎博)、『映画 鈴木先生』(13/河合勇人)、『舞妓はレディ』(14/周防正行)、『海月姫』(14/川村泰祐)など。ドラマでは、大河ドラマ「八重の桜」(13/NHK)、「MOZU」シリーズ(14/TBS/WOWOW)のほか、今月より「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(CX)が放送開始となる。本年の映画待機作に、『進撃の巨人』前後編2部作(樋口真嗣)、『この国の空』(荒井晴彦)がある。園組は、『地獄でなぜ悪い』(13)に続き、2本目の出演になる。

love-peace003.jpg●寺島裕子(てらしま ゆうこ)役/麻生 久美子
鈴木良一が想いを寄せている、職場の同僚。地味で目立たない女だが、職場で疎まれている良一に優しく接する。
コメント:「園さんとは、10年以上前に、未だ公開されていないショートフィルムでお仕事した事があって、その後にドラマ「時効警察」でお世話になりました。そして今回、園さんオリジナルの作品に出演させていただく事になり、とても楽しみにしていました。衣装合わせの時には、とにかくダサく、色気はゼロで麻生久美子だと分からない感じでやってほしいと言われたので、今までにない自分を引き出してもらえそうでワクワクしたのを覚えています。ストーリーもファンタジーで心に響き、今まで観た事のない素敵なとんでもない映画になっていると思います。やっぱり園さんの才能は計り知れない凄さがあると思いました。一緒にお仕事出来てとても楽しかったです!」
プロフィール:1978年6月17日生まれ、千葉県出身。1995年『BAD GUY BEACH』(あいかわ翔)で映画デビュー。98年、今村昌平監督作品『カンゾー先生』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・新人俳優賞を始め数々の映画賞を受賞。近年の映画出演作に『モテキ』(11/大根仁)、『宇宙兄弟』(12/森義隆)、『グッモーエビアン!』(12/山本透)、『おおかみこどもの雨と雪』(声の出演・12/細田守)、『舟を編む』(13/石井裕也)、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(13/吉田恵輔)、『ニシノユキヒコの恋と冒険』(14/井口奈巳)など。連続ドラマ初主演となるケラリーノ・サンドロヴィッチ監督「怪奇恋愛作戦」(TX)が放送中。映画、TVドラマ、CM、舞台と幅広く活躍する、日本を代表する実力派女優である。園子温監督作品には、「時効警察」シリーズ(06・07/EX)以来の出演となる。

love-peace004.jpg●謎の老人役/西田 敏行
トイレに流されたピカドンが下水道を通って辿り着いた地下に住む謎の老人。物語の鍵を握る人物。
コメント:「下水道のセットの中でひたすら一人芝居をするという、今までで初めての体験をしました。人間の共演相手もなく、撮影中はこれで大丈夫なのかななんて不安に駆られながらやっていたんですが、出来上がった作品は素晴らしく、手に汗握りながら最初から最後まで楽しく観ました。とても園子温監督らしい映画だと思います」
プロフィール:1947年11月4日生まれ。福島県出身。
1970年「情痴」で初舞台を踏み、71年舞台「写楽考」で初主演。以降映画・ドラマを中心に活躍する。映画『敦煌』(88)、『学校』(93)で第12回および第17回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したほか、『ゲロッパ!』(03)、『釣りバカ日誌14お遍路大パニック!』(03)では、ブルーリボン賞、毎日映画コンクール、報知映画賞などの主演男優賞を獲得した。88年に1作目が公開された『釣りバカ日誌』シリーズは、三國連太郎との“ハマちゃんスーさん”コンビで正月映画の定番になり、最終作『釣りバカ日誌20 ファイナル』(09)まで番外編を含め22作品が製作された。近年の出演作に『星守る犬』(11)、『ステキな金縛り』(11)、『アウトレイジ ビヨンド』(12)、『終戦のエンペラー』(13)、『武士の献立』(13)など。2008年には紫綬褒章を受章しており、日本を代表する名優である。本年のほか公開待機作に『マエストロ!』、『ジヌよさらば〜かむろば村へ』。本作で『希望の国』(12)を観て以来出演を待望していたという園子温組に初めての参加となる。


長谷川博己 麻生久美子
渋川清彦 奥野瑛太 マキタスポーツ 深水元基 手塚とおる/松田美由紀 
<声の出演>星野源 中川翔子 犬山イヌコ 大谷育江

西田敏行

監督・脚本 園子温
特技監督:田口清隆

音楽:福田裕彦 撮影:木村信也 照明:尾下栄治 美術デザイナー:清水剛  装飾:岩井健志 録音:小宮元 音響効果:齋藤昌利 
編集:伊藤潤一 スクリプター:貞木優子 特殊造形制作・操演:上松盛明 キャスティング:杉山麻衣
制作プロデューサー:鈴木剛司 ラインプロデューサー:佐藤圭一朗 制作担当:坪内一 桑原昌英 
製作:重村博文 長澤修一 山本英俊 宮本直人 プロデューサー:森山敦 豊島雅郎 鎌形英一 柳村努
製作:「ラブ&ピース」製作委員会 企画・設計・制作プロダクション:ガンジス 配給:アスミック・エース 
公式HP:love-peace.asmik-ace.co.jp 
公開:初夏・全国ロードショー

 

©「ラブ&ピース」製作委員会





 










エンタメ シネマピア   記:  2015 / 01 / 20

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
テルマ

少女の身に起こる、不可解な現象。一体、…

旅塾

▲このページのトップへ