インタビュー/記者会見

東京国際映画祭『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』舞台挨拶!
小池徹平、生瀬勝久、篠田麻里子(AKB48)の爆笑トーク!
そして郷ひろみも熱唱!!

NEO_01.jpg第24回東京国際映画祭にて、特別招待作品として上映された『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』。その舞台挨拶が10月25日(火)、TOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen7で行なわれ、 主演の小池徹平、生瀬勝久、TVシリーズからのレギュラーである堀内敬子と映画版から出演の篠田麻里子(AKB48)、吉田照幸監督が登場した。そしてスペシャルゲストは、本作の主題歌『笑顔にカンパイ!』を歌う郷ひろみが、ステージ上でダンサー(Beat the MIX)をバックに熱唱! さらに、フォトセッション時には客席からTVシリーズの人気キャラ"セクスィー部長"沢村一樹が登場! 大いに盛り上がりを見せた舞台挨拶となった。

NEO_02.jpgMC:まずはご挨拶をお願いします。
小池:本日は、ありがとうございます。『サラリーマンNEO』楽しんでいただけたでしょうか?
(会場からは、拍手と「おもしろかったー!」のかけ声が)
今回は英語の通訳も入っており、日本の方だけではなく、海外の方にも楽しんでいただけて良かったなと思っています。
生瀬:本日は、みなさん有料で入られているんですよね(場内笑)。ですから、ほんとうにありがとうございます(またまた笑)。私は東京国際映画祭で初めてグリーンカーペットを歩きまして、普段は性格俳優でずっとやってますから、こういうコメディー映画で参加するのは意外な感じで......(会場クスクス笑)。ちょっと、照れますね。
(英語の通訳が入り"domestic actor..."と訳されているところで会場から笑いが! 通訳終了後......)
生瀬:Thank you(会場から大拍手)! ほんとうに、ありがとうございます。
堀内:こんにちはー! この作品はTVで始まり、まさか映画になるとは思っていませんでした。えー、先日違う撮影で「エキストラが集まる場所はここですか?」って尋ねられて、私のこと気づいてないなって......(笑)。今、ここに立っていることが不思議に思えます。
篠田:『サラリーマンNEO』は、ドラマでも大人気で、その劇場版に参加するということで、緊張しました。ファンに受け入れられるか不安でしたけど、キャストのみなさんに良くしていただき、監督も地味に見えますけど、面白い方です(笑)。楽しかったです。(またまた、通訳の"funny guy..."のところで笑いが)
吉田監督:東京国際映画祭、素晴らしい作品が集まる中『サラリーマンNEO』にお越しいただいた奇特なみなさま(場内笑)、どうもこんにちは! 地道にコントを追求し積み重ねてきました。その結晶がこの作品にあります。一回、二回、三回と観ていただきたいです。

NEO_03.jpgNE0_04.jpgMC:生瀬さん映画化されると聞いたときはいかがでしたか?
生瀬:(質問の英語通訳が入って...)I think so……(場内大笑)。ごめんなさーい、日本語ですか......。いや〜、無謀だなぁ〜って思いましたね。だれが主人公になるかということで、いろいろ考えたんですけど、小池くんが入っていただいたんで、みんなケンカもなく仲良く出来たんじゃないかと(笑)。みなさんも映画をご覧いただいて、そーゆーいろいろな事情があったんだなって感じられたと......(笑)。
小池:いきなりの新参者としてプレッシャーがありましたね。『サラリーマンNEO』のファンとしては、この作品に参加できて幸せでした。
篠田:撮影現場はこのスクリーンからも伝わったと思いますけど、毎日、楽しかったです。通訳を通しての舞台挨拶は初めてで緊張しています。いい経験だと思っています。
堀内:TVの収録ではあっという間の撮影でしたが、映画は待ち時間がありましてキャストのみんなと話す時間がたくさんあり、楽しい時間を過ごすことができました。

NEO_05.jpgNEO_06.jpg(英語通訳にあわせ、生瀬がオーバーなゼスチャーを......)
MC:生瀬さん英語を聞きながら感慨深そうでしたが......撮影は大変でしたか?
生瀬:Difficult !!(場内笑)
通訳:(逆に日本語で)やさしくはないと......(場内から笑&拍手が!)。
生瀬:レギュラー・シーズンでは、カメラが5台で一度に撮影をします。5分間のコントなら5分間で撮影します。フィルムはカメラ一台でカット割をして撮影しますので非常にリズム感というものがむずかしい......。監督がうまく編集をされたので、レギュラー・シーズンのままのリズム感が出せました。

MC:それでは、ここでてスペシャルゲストをご紹介しましょう。主題歌を担当されました、郷ひろみさんです!
通訳:Mr. Hiromi Goー!!(会場からは割れんばかりの拍手と声援が!)

NEO_07.jpg郷:こんにちは! 郷ひろみです! こんなカッコが出来るのは僕しかいないので......(会場笑)。
少しだけ出演するシーンがあったんですけど.........ほんとうに瞬きしているくらいでした(笑)。久しぶりの現場で、なかなかキャバクラで女性が横にいての演技はむずかしいですよねー。「セリフは?」って監督に聞いたら「大丈夫です」って。で、現場に行ったら僕は「Japan! Japan!」しか言ってない!(場内笑&拍手)
通訳:Japan! Japan!(さらに笑)。
郷:今日、観て楽しかったことを多くの方に伝えてください。僕がチョイ役だったことは、言わなくていいです。(笑)
MC:今日は主題歌をバックダンサー(Beat the MIXの子供たち)のみなさんと披露してくださいます(主題歌『笑顔にカンパイ!』を楽しいダンスに合わせて熱唱、会場からは手拍子が)。

MC:ありがとうございました。これからフォトセッションに移ります。あれ? 篠田さんセンターですか?
生瀬:さっき、ジャンケンしたら勝ったので......(場内笑&拍手)。
(その時、客席から"セクスィー部長"沢村一樹が登場! 場内は大爆笑に!)

NEO_08.jpg沢村:みなさん、初めまして! いろいろ不景気な話題が多いですが、この国をセクスィーな国にしようではありませんか(会場拍手)! 通訳は入らないんですね、ココは?
MC:あらためまして、"セクスィー部長"です! では、ここで写真撮影です!

『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』の舞台挨拶、本当に(笑)の連続でした!!

NEO_09.jpgNEO_10.jpg


監督:吉田照幸
脚本:吉田照幸/羽原大介/内村宏幸/平松政俊
出演:小池徹平/生瀬勝久/田口浩正/中越典子/入江雅人/篠田麻里子/伊東四朗/麻生祐未/宮崎美子/平泉成/沢村一樹
配給:ショウゲート
公開:11月3日(木・祝)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式HP:http://www.neo-movie.com/
シネマピアはこちら
 

NEO_11.jpg

©2011「劇場版サラリーマンNEO」製作委員会











エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2011 / 11 / 02

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】グリーン・ナイト

アーサー王の甥・ガウェインは、宮殿…

旅塾

▲このページのトップへ