インタビュー/記者会見

映画『珍遊記』完成披露上映会に、
主演の松山ケンイチを始め、倉科カナ、溝端淳平 、山口雄大監督、
脚本のおおかわらが登場。さらにサプライズゲストも?

chinyuuki_001.jpg1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」が、まさかの実写映画化!映画『珍遊記』が、2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショー。
その公開に先駆けて完成披露上映会が2月18日(木)に都内新宿区の新宿バルト9・シアター9にて行なわれ、主演の松山ケンイチを始め、倉科カナ、溝端淳平 、山口雄大監督、脚本のおおかわらが登場。さらにサプライズゲストも?

MC(おおかわら):本日、この映画『珍遊記』にも出演しておりまして、脚本も書かせていただきました、鬼ヶ島のおおかわらです。よろしくお願いしまーーす。みなさん盛上がっていますかーー!!(会場は静か…)
MC(おおかわら):みなさん、ほどよい失笑で……。
それでは、みなさんに登場いただきます。(松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平 、山口雄大監督と共に、鬼ヶ島のアイアム野田とドランクドラゴン・鈴木拓がなぜか登場)
いやいやいやちょっとすいません僕のプライベートな友達が来てるんですけど。
鈴木:溝端さんに勧められてついて来ちゃいました。
野田:もう怒られる覚悟でいきましょう。
鈴木:この映画にはまったく出ておりません。1ミリも関係ありません。溝端さんが無茶するから……。
MC(おおかわら):鈴木さんが出ることによって、みんなの尺が短くなっていく。

chinyuuki_006.jpgMC(おおかわら):まずは、ひとことごあいさつお願いします。
松山:こんにちは、映画『珍遊記』記念すべき第1回上映会にお越しいただきありがとうございます。
倉科:みなさん今日は足を運んでいただいてありがとうございます。よろしかったですか?大丈夫でしたか?あれ?上映前??すいません、お楽しみください!!
MC(おおかわら):倉科さんの丸坊主頭可愛かったですよ!
野田:ほんとうに可愛いかったですよ!
MC(おおかわら):お前、誰なんだ!
野田:いや〜野田、野田!アイアム野田!!
溝端:今日、初めて皆さんに見ていただけるということで、ほんとに楽しみです。たくさん笑っていただける映画です。舞台挨拶は緊張しますけど、友達が来てくれているので心強いです(笑)。
MC(おおかわら):さっ!監督の鈴木拓さん。
鈴木:え〜、
MC(おおかわら):山口雄大監督でした。
山口監督:漫☆画太郎さんの作品『珍遊記』を映画化するということで、松山くんや倉科さん溝端くんと、こんな豪華なキャストが出てくれるとは思わずに始めた企画でしたが、華やかな感じで披露できて嬉しいなって思っていましたが……、拓さんが出席したせいで芸人ムードになってしまって。いやだなぁ〜って。映画は楽しんでいただける作品になっていますので、観終わった後に、全く何も残らない映画ですけど(会場笑)、楽しんでください。

chinyuuki_002.jpgMC(おおかわら):それでは、質問コーナー!パチパチパチ!(会場拍手)
松山さん、もともと原作のファンだったそうですが、オファーを受けた時の感想を教えてください。
松山:めちゃくちゃな原作で、映画として成立するのかどうか全くわからなかったですが、画太郎さんのファンでもあり、山口監督とも是非いっしょに面白い世界に行きたいなと思っていました。
MC(おおかわら):松山さん、撮影の時に印象に残っているシーンがあります。最後の池の撮影で、大きなカエルが鳴いてていましたが、スタッフが池に小石を投げると黙るんです。でも松山さんがセリフを話し出すとカエルが鳴き出すんです。(会場笑)さすがだと……。
山口監督:NGだけどね。

chinyuuki_003.jpgMC(おおかわら):倉科さん、過激なセリフや特殊メイクなどチャレンジングな作品だったと思いますが……。
倉科:どうでしょうか?
MC(おおかわら):心がけたことはありますか?
倉科:仏の心でいることと松山さんと対極のテンションでいることを心がけていて、過激な言葉とか特殊メイクのことはお話をいただいたときには何も考えてなかったんです。ただただ脚本が面白かったので……。
MC(おおかわら):やめて下さいよ〜倉科さん。
野田:拍手いいですか〜、みなさん!(会場拍手)
倉科:出演後にいろいろな方から大丈夫?って言われて、後から、私はそんな下品なこと言っていたのかなと、自分でびっくりしています。
山口監督:そうなんですね。人体の部位を言っているだけなんですけど。
MC(おおかわら):現場では麻痺しちゃうんですよね!倉科さんは、現場で僕のことを「へぼ芸人」って言ってましたけどね。
倉科:ほんとですか!嘘ですよね。
MC(おおかわら):山口監督が耳打ちしていました。お姫様でしたから……。
倉科:姫の扱いされてなかったですよ〜。

chinyuuki_004.jpgMC(おおかわら):溝端さん、おふたりとは違って、映画オリジナルキャラクターを演じてみていかがでしたか?
溝端:オリジナルなので山口監督にも甘えさせていただいて、自由に演じさせていただきました。とんでもないクズの役だったので、やりがいがあって楽しかったです。
MC(おおかわら):現場では溝端さんがムードメーカーでしたね。
溝端:おおかわらさんは、僕の部下の役だったんですけど、こんなに現場で蔑まされている脚本家を見たのは初めてでした(笑)。
MC(おおかわら):最後は韓国で裸で踊ってましたかね。原稿を書いてこんなことまでやらないといけないのかって。

chinyuuki_005.jpgMC(おおかわら):山口監督、実写化しようと思ったきっかけは?
山口監督:漫☆画太郎さんの作品は『地獄甲子園』『漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)』と2回撮影させていただいていますが、その中で『珍遊記』は、画太郎作品では最難関なんです。なかなか触れられない難しい作品でした。
MC(おおかわら):漫☆画太郎先生といえば山口監督ですよね!
山口監督:今のところ、僕しか撮影していないです。
MC(おおかわら):おすすめのポイントは?
鈴木:僕も観ていないので、教えてほしい!(会場笑)
山口監督:普通のお客さんと変わらないじゃないですか!(会場笑)最後のあいさつにですか?
MC(おおかわら):この後、フォトセッションに……。
山口監督:わかりました。今までに、見たことのない3人の姿が見られると思います。少々写真も出ていますが、あれ以上のことが起こります。とくに溝端くんは、とんでもないことになっていますので、その辺りを観ていただきたい。エンドロールの後にもちょっとあります。是非、劇場でご覧ください。

chinyuuki_007.jpgMC(おおかわら):倉科さんが可愛いんですよね!あの坊主頭が。なかなか観れないですよね。
山口監督:可愛いんです。
倉科:あんまり、現場でいわれてないから……。後出しジャンケンみたいな(笑)。
山口監督:自分で編集しながら、可愛いなぁ〜って。
倉科:おかしいなぁ〜。現場ではそんな感じじゃなかったですよ。
野田:本当だから恥ずかしくて言えない。
山口監督:野田くんが出てくると、早回しにしてた。
野田:なんでだよ〜。
MC(おおかわら):溝端さんは、七変化になっていますからね。
山口監督:おおかわらさんの緊張した大根芝居も……。
MC(おおかわら):役者は向いていないなって。みなさんのスイッチの入れ方が……。
野田:本当に対峙すると……、
MC(おおかわら):もういいよ!(笑)

chinyuuki_008.jpg(スチール撮影後……、また最後のあいさつに……)

MC(おおかわら):最後にメッセージをお願いします。山口監督からお願いします。
山口監督:それ、さっきだったよね。本当に?
MC(おおかわら):では、溝端さん。
溝端:お子様からお年寄りまで無条件に笑える作品です。ひとりで映画を観ることも素晴らしいですが、みんなで大笑いしながら観てもらえればと思います。楽しんでください。
倉科:何も考えず、大いに笑ってください!
松山:なんとなく下ネタもありますが、年齢制限がないので3歳くらいからは楽しめる作品になっています。今回観ていただいて面白かったら、お子様や家族や友達と劇場にお越しください。今日はありがとうございました。
MC(おおかわら):監督最後に……。
山口監督:ファミリームービーとして作りました。下品なところもありますが、いろいろな方に楽しんでいただけるように作りましたので、みなさん告知してください。よろしくお願いします。

chinyuuki_009.jpg

chinyuuki_010.jpg◆STORY
天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか?(いや、出来ない!)



出演:
松山ケンイチ
倉科カナ 溝端淳平
田山涼成 笹野高史 温水洋一
ピエール瀧
監督・編集:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原 秀
企画・総合プロデューサー:紙谷 零
撮影:福本 淳
照明:市川徳充
録音:西條博介
美術:福田 宣
音楽:森野宣彦
オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプIII」(VAP)
制作プロダクション:DLE
配給:東映
製作:「珍遊記」製作委員会(DLE/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/東映/木下グループ/SDP/東映ビデオ)
.漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
公式HP:http://chinyuuki.com
公開:2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!

©漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
 













エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2016 / 02 / 25

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ザ・タワー

建物の外が突然、暗闇に覆われた&h…

旅塾

▲このページのトップへ