インタビュー/記者会見

劇団『minimumanti(ミニママンチ)』
第3回公演『11人のうるさい日本人』を終えて......。
岩永大生「あじゃーす!いやー、ウケたねぇ!!」

minimumanti162_08.jpg 2016年4月14日(木)〜17日(日)まで、八幡山ワーサルシアターにて 第3回公演『11人のうるさい日本人』を行なった劇団『minimumanti』。前回は本番前の稽古場にお邪魔して話を聞いたが、今回は本番を終えての思いを、脚本・演出の座長・岩永大生、そしてminimumantiメンバーに話を聞いた(舞台写真は本番前日のゲネプロの様子)。

minimumanti162_01.jpg minimumanti162_001.jpg ★岩永大生
minimumanti第3回公演『11人のうるさい日本人』ご来場いただいたみなさま、そして来れずとも応援くださったみなさまに、この場を借りてお礼申し上げます! あじゃーす!
いやー、ウケたねぇ。
また面白いものを嫌でも書いてしまいますので、次回も是非ご期待くださいー

minimumanti162_02.jpg minimumanti162_002.jpg ★中村ゆうすけ
ご観覧していただいた方々に感謝しきれないほどの気持ちを送りたいです。
本当にありがとうございました。
みなさまの笑顔、笑い声、拍手が僕らの力になります。
そしてこれからもその力を増幅させていきたいと思います。
今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。
本当に本当にありがとうございました。

minimumanti162_03.jpg minimumanti162_003.jpg ★小名木美里
ご来場いただいたお客様、また、観には来られなかったけど応援・激励くださったみなみなさま、誠にありがとうございました!
今作はとにかくテンション!ハイテンション!と自分に言い聞かせながらのお芝居でした。
そしてたくさん身体使いました…。
すごく疲れて、毎公演終わるごとに急激な眠さに襲われたりもしましたが、やっぱり最後はやってよかった!そう思える。。不思議。
次の公演も、"観に行ってよかった!"そう思ってもらえる作品になるよう、頑張ります。

minimumanti162_04.jpg minimumanti162_004.jpg ★加藤一博
劇団員として初めての公演。
前回公演を経て自分なりに音の演出を考えました。恐らく従来の演劇よりかなりBGMが多用されたものになったと思います。
ワンシチュエーションということで、視覚的な区切りがありません。ですので物語が進展するときにBGMを挿入することで、少しでも起伏の補助になればと考えました。
劇中の楽曲についてはブルース、ファンクを軸に制作しました。陽気で泥くさい感じをシーンや人物別にアレンジを変えることで、統一感を持ちながら個々に違った印象付けができたと思っています。
公演までの時間を振り返り改善点が見えてきました。
次回公演はより良質な音の演出ができればと思っております。
ご観劇してくださったみなさま、ありがとうございました!

minimumanti162_05.jpg minimumanti162_005.jpg ★結城輝
minimumanti第3回公演『11人のうるさい日本人』ご来場誠にありがとうございました。
今回の公演は失敗していたら腐るほど言い訳ができるくらいハプニングの多い公演でしたが、結果的に最高のチームができ上がり最高の公演を打つことができました。
もはやコメディ書かせたら岩永の右に出る者はそうそういないと確信したし、これだけ高い水準のワンシチュエーションコメディを支えてくれた客演のみなさんにも本当に感謝でした。
今後のことを考えると20歳前後の経験の少ない子達はもっと挑戦的というか野心家であってもいいのかなとは思いました。
3回目にして劇団員の配役や役回りも初めて機能していた感じはします。
個人的に今年に入り就職をしたのですが、今まで舞台を観たこともないような会社の同僚達がとても感銘を受けてくれて、改めて舞台というものが毎日まっとうに働いている人間の娯楽のひとつになれれば、小劇場からでも真摯に芝居を作っていれば決してキャストの知り合いだけが客席を埋める負のスパイラルにはならないのではないかと思いました。
毎日ストレスを抱えて闘っている方々に対して、何も考えず笑えるコメディというのもminimumantiの強みになると思います。
毎日みなさんもっと崇高なことを考えて生きてますから。
そこに対して100%の力でバカできる集団になれればminimumantiの需要は増えていくと感じています。

minimumanti162_06.jpg

minimumanti第3回公演
『11人のうるさい日本人』


◆ストーリー
発覚した一つのスキャンダルをめぐり大人達の陰謀、策略が複雑に絡み合い事態は二転三転する。
事件は現場で起きているんじゃない会議室で起きている。
それは純愛か?それとも…

【日時】
2016年4月14日(木)〜17日(日)
【劇場】
八幡山ワーサルシアター
【脚本・演出】
岩永大生
【出演】
中村ゆうすけ(minimumanti)
結城輝(minimumanti)
小名木美里(minimumanti)
二宮真衣
谷島ひなた
山下真実
渡邉洋
鎌田佳侑
村田啓治
馬渡直子

WARAHATAプロデュース

【ホームページ】
http://www.warahata.jp/minimumanti/index.html
【Twitter】
@minimumanti
【お問い合わせ】
minimumanti@gmail.com


【関連記事】
『クソヤロウ讃歌!!』公演間近の稽古場にお邪魔しました!! 
劇団『minimumanti(ミニママンチ)』旗揚げ公演を終えて......。
第二回公演『クソヤロウ讃歌!!』を終えて......。
第3回公演/本番前の稽古場にお邪魔しました!!











エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2016 / 04 / 26

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】デストラップ/狼狩り

狩るか? 狩られるか? ハンター&…

旅塾

▲このページのトップへ