インタビュー/記者会見

今、注目の会いにいける男性アイドルグループ!!
ポップジャンクスクール(POP JUNK SCHOOL)
その活動とそれぞれの魅力についてインタビュー!!

171124pop_all.jpg 来年1月19日(金)に初ワンマンライブを「渋谷 club asia(クラブエイジア) 」にて開催するボーイズユニット「ポップジャンクスクール」。ポップでジャンクなもうひとつの学園生活がはじまる、ニュースタイルのボーイズユニットだ!!そんな彼らの活動とそれぞれの魅力についてメンバーの詠月逢人(よづきあくと)、いおり、福井(ふくい)ヒロム、水谷駿(みずたにしゅん)、湧士(ゆうじ)、トキヲカケルに話を聞いた。

尾崎:まずはひとこと自己紹介をお願いします。
詠月:リーダーのレッド担当、オタクのメンタルクリニック、詠月逢人です。
いおり:イエロー担当、ディズニーオタクのいおりです。
福井:ホワイト担当、福井ヒロムです。特になしです(笑)。
水谷:ブルー担当、東大卒、地下アイドルの水谷駿です。
湧士:パープル担当、地上に舞降りた天使、可愛い担当の湧士(ゆうじ)です。ゆうちゃんと呼ばれています。
尾崎:声が可愛いネ!女の子みたい!!
トキヲカケル:ピンク担当、顔面人間国宝のトキヲカケルです。
尾崎:顔面人間国宝?カッコイイということですか?
トキヲカケル:歳のわりには、顔のパーツが整っている(笑)。

171124pop_yoduki01.jpg 尾崎:みなさんのプロフィール、趣味や特技、そしてアイドルを目指したきっかけなどをお聞きしたいと思います。
詠月:静岡県出身です。アクロバットが得意で、バク転やバク宙が出来ます。ライブでも披露しています。高校時代にボクシングをやっていました。えーーーー、動けます(笑)。体を動かすことが得意なので、将来はアクション映画などに出演をしたいと思っています。趣味はアイドルのライブ鑑賞です。男女どちらとも行きます。デビューしたばかりのアイドルだったり、幅広く見ています。
尾崎:そのルックスで見にいってたら目立つよね!
詠月:はい、運営サイドにチェックされたりしました(笑)。アイドルを目指したきっかけはですが、最初は俳優を目指していましたが、アイドル好きということもあり、色々な人に自分を知っていただくためにアイドル活動を始めました。

171124pop_iori01.jpg いおり:大阪府出身です、趣味はディズニーです。月に50本のライブをやっているので、あまり時間はないですけど、時間を作ってディズニーランドに行っています。ライブが午後からだったら、午前中だけ行ったりもします。どのアトラクションも30分以上は並ばせないまわり方をマスターしているので、友人と行く時には喜ばれます。後は、一眼レフカメラが好きです。きっかけはディズニーの水上ショーを撮影するためでした。望遠レンズで撮っています!

171124pop_fukui01.jpg 福井:新潟県・佐渡島の出身です。高校まで佐渡島に住んでいました。中学時代はバスケ、高校時代はサッカーをやっていました。球技は得意です!セパタクローが出来ます!
尾崎:セパタクロー?
福井:「足のバレーボール」と言われています。最近、ちょっと話題になっています!趣味は漫画を読むことで、赤坂アカさんの『ib-インスタントバレット-(KADOKAWA「電撃マオウ」)』という作品が大好きです。赤坂さんも僕と同じ新潟県佐渡島出身なんです。異能力系の漫画です。アイドルを目指したのは、大学進学で東京に来てからです。東京にはチャンスが多いですよね。それからアイドル活動を始めました。

171124pop_mizutani01.jpg 水谷:三重県桑名市出身です。趣味はクイズです。クイズ番組の出演を目指して、クイズの勉強をしています。たくさんクイズの本を買い込んで猛特訓中です。その他に日経新聞、オリコン、スポーツ新聞などから時事ネタの勉強もしています。今、東大生のクイズ番組が流行っていますよね。それに出場したいなって思っています。東大進学を目指したのは、地元にいた頃からアイドルになりたかったんですけど、親の反対があって、親を納得させるために受験しました。芸能活動を始めるきっかけを作るためでした。

171124pop_yuji01.jpg 湧士:地上に舞降りた天使ですけど、宮城県仙台市の出身です(笑)。趣味は、絵を描くことです。好きなアニメのキャラを描いたりしています。
いおり:ポップジャンクスクールの定期公演のロゴマークを作ったり、彼には絵の才能があります!
尾崎:(湧士の描いたイラストも観て)完璧ですね!!上手すぎます!
湧士:今度、メンバーの似顔絵を描いてみたいです。描くことも好きですけど、やっぱりアニメを観ることもが大好きで、僕も異能力系が好きです。小さいころは、ファッションデザイナーになることが夢でした。その後、俳優や声優に憧れるようになりました。そのためには、まずはみんなに知ってもらおうと思いアイドルになりました。見た目がアイドルみたいって、よく知り合いにいわれていたこともきっかけです。

171124pop_tokiwo01.jpg トキヲカケル:東京都足立区出身です。名前の由来なんですけど、もう若くないってこともあって(笑)、10代のアイドルの子たちではないので、僕は「時をかけて」アイドルなんだっていう気持ちを込めて、この名前になっています。みんなが読みやすいようにカタカナにしました。
趣味はアニメを観ることです。好きすぎて秋葉原でアルバイトをしていました。最近ハマっている作品は今年の7月から放送が始まった『魔法陣グルグル(第3作/テレビ東京)』です。小学生のころ観ていたアニメがまた新しく始まりました。模写をして描くことも大好きです。
湧士:画伯よりですね(笑)。
トキヲカケル:独創的なイラストです(笑)。1番好きだったアニメは『名探偵コナン』の作者・青山剛昌さん原作の『剣勇伝説YAIBA』です。その影響もあって将来は剣豪になりたくて剣道を始めました。中学から高校まで剣道部で初段を持ってます。メンバーの中では剣道担当です。
湧士:初めて聞いた……。
トキヲカケル:キャッチフレーズは「傘があれば、どんなヤンキーにも勝てる!」です。
湧士:初めて聞いた……。
トキヲカケル:ぼくと湧士くんは入口担当といわれています。第一印象で入りやすい感じみたいです。カワイイとカッコイイ担当です(笑)。入口だけに、ふたりで“雷神”と“風神”と呼ばれています!!門番です。『剣勇伝説YAIBA』の鉄刃(くろがねやいば)が雷を使うので、最初僕が“風神”だったんですけど、湧士くんにお願いして“雷神”に変えてもらいました(笑)。
湧士:折れました(笑)。
トキヲカケル:アイドルになったきっかけは、芸能事務所の裏方で手伝いをしている時でした。ライブに余興で出てみたらって言われて、その場の雰囲気で出演したらファンが付いちゃって、僕なんかで世界が救えるんだって思えて、そこから続けています。

171124poplive01.JPG 尾崎:ポップジャンクスクールのグループ名の由来は?
詠月:ポップが音楽をコンセプトに、ジャンクがバラエティーなど音楽以外の活動、そして、まだ成長過程ということでスクールになっています。

尾崎:ポップジャンクスクールの活動について教えてください。
詠月:グループ結成が昨年(2016年)の8月11日です。トークイベントでした。8月27日に初ライブでした。ライブハウスではなく、茨城のお祭りの野外イベントでした。ファンの方や地元の方々など、たくさんの人に観ていただいて感動しました。カバー曲を含め、オリジナル曲を2曲、披露しました。それから初期の頃は女性アイドルとの共演が多く、男性グループが僕たちだけの時は観客が少なくて……。メンバー7人対ファン2名みたいな時もありました。
福井:僕たちがグループを結成した時は、地下メンズアイドルがあまりいなかったんです。最近、やっとメンズアイドルだけでイベントが出来るようになりました。ここ半年くらいの勢いです。お客さんが2人の時は、7人で囲んで歌いました。
尾崎:それは、ファンは嬉しいですね!!
福井:僕たちには深夜ライブもあって、朝方の6時までイベントをやって、仮眠して、その日の9時に現場入りがあり、そのイベントが23時まであって、それからまた深夜ライブなんてこともありました。でも、ファンの方に会えることが嬉しくて、イベント中は時間なんて忘れちゃいますね!毎日ライブをやってます。
尾崎:毎日ですか?
福井:どのタイミングでもファンがいつでも会いにいけるアイドルということでやってます。朝までやっても次の朝にはまた別のファンに会いたくて朝もイベントをやっています。昼、夜、深夜のライブを計3回。昼は早いと10時、対バン形式で12時、18時、24時にライブ活動なんて時もあります。色々な人に観てもらうために毎日頑張ってライブしてます。主な会場は、新宿クラブ サイエンス 渋谷クラブキャメロット 池袋シアターYES の3ヶ所です。

171124poplive02.JPG いおり:ポップジャンクスクールは、メンバーの入れ替わりが激しくて、結成から今のメンバーに落ち着くまで1年間で30人くらい変わっています。今年に入ってからは毎月新体制の状態でした。僕は5月から、このグループに参加したんですけど、毎日ライブに出演するメンバーが違っていたので、その日にフォーメーションを決める感じでした。その結果、ステージ上でアクシデントやイレギュラーなことがあってもすぐに対応できるようになりました。そういった意味では貴重な体験になりました。その時期を乗り切ったメンバーが今のメンバーです。
トキヲカケル:アイコンタクトで直ぐに対応できるようになりましたね。「告白ポップタイム」というポップジャンクスクールの主催のイベントがあります。ゲーム形式でお客さんと接したり、僕と湧士とヒロムとケンケンが別ユニット「絶好超団☆LoVe」を兼任していて、そのグループもこのイベントに参加していて、全体で4時間ほどのイベントでしたが、3時間ステージに出っぱなしという状態がありました。なんか途中で今、どのシチュエーションなのか分からなくなったり……(笑)。
湧士:セットリストを見ながらステージ上でパフォーマンスするんですけど、「絶好超団☆LoVe」で出演しているのにポジションが「ポップジャンクスクール」の曲でスタートしちゃったりするんです。でも対応力があるのですぐに修正できてます。いつも観に来てくれるファンにはバレちゃいますね(笑)。

詠月:ゆうちゃん(湧士)のデビュー秘話があって、昨年(2016年)10月からメンバーに加入したんですけど……えっと……あれ?
湧士:変わります!9月23日にデビューしました。僕の誕生日が9月21日で、その日に「ポップジャンクスクール」を観にいったんです。その日にひとり正規のメンバーが欠席で、初めて会ったのに変わりにそのポジションに入って、振りも付けも憶えました、その2日後にデビューです。後からメンバーにステージ映えする絵が見えたって言われました。
詠月:その日に別の新曲が違うメンバーがセンターで構成も決まっていたんですけど、湧士があまりにもキラキラしていたので、カワイイ系の曲ということもあって、カワイイ系の代表みたいなフェイスの湧士がセンターを取っちゃった。

詠月:「ポップジャンクスクール」が、僕といおりと水谷の3人だけの時期がありました。
水谷:3人の時代にその内2人のスケジュールが合わなくて、ひとりだけがステージに立ったことがありました。
いおり:僕がデビュー6日目で、あれ今日はひとりだって……。
詠月:「ポップジャンクスクール」なのにソロのライブに。でも、その当時の「絶好超団☆LoVe」4人、現メンバーが助けに入ってくれました。そういったこともあって、今のメンバーの絆は強いですね。

171124pop_yoduki02.jpg 尾崎:それでは、ここからはそれぞれのメンバーの良い所や魅力を伺いたいと思います。
まずは、詠月くんについて教えてください。
トキヲカケル:彼は色々と裏方の仕事をやってくれます。後、変顔が面白いです!!
湧士:メンバー思いですね!それから、よく笑わせてくれて、ムードメーカー的な存在です。みんなが笑えない時は変顔をして笑わせてくれます!!
湧士:新人に全体の構成を教えている時にも変顔をするので、演出がグダグダになる時もあります(笑)。
水谷:彼は芸能歴が長いので礼儀や挨拶がしっかりしていて、それを僕らにも教えてくれます。頼りがいのあるリーダーです。
福井:ライブ中の湧士の“丸い”ダンスに対してあっくん(詠月)のダンスは刺々しいです!
詠月:それ、褒めているの?(笑)
福井:あっ!キレが良いってことです。激しい振りで女性ファンを打ち抜きます!!
いおり:彼とは付き合いが長くて、なんでも相談できて頼もしいです。それから気持ちが若いです。小学生みたいにはしゃぎます(笑)。

171124pop_iori02.jpg 尾崎:次は、いおりくんについて……。
詠月:僕がメンバーを指導する時に感情のままに言葉を発してしまうことがありますが、いおりくんはそれを緩和してくれる潤滑剤の役目をしてくれます。
トキヲカケル:彼は、面白いワードを呟くんです。ステージ前の緊張感が和らいだりします。リラックス効果があります。
湧士:お母さんみたいな感じです。カケルと僕が精神年齢が低いので(笑)、保護者のような存在です。
水谷:彼は、雑学が得意なんです。ディズニー以外でもいろいろなことを知っていて凄いなって思います。
福井:いおりくんは、高い声が出ます。ボーカルで引っ張ってくれます。

171124pop_fukui02.jpg 尾崎:次は、福井くんについて……。
詠月:ヒロム(福井)も、ハイトーンボイスを出せるので、ボーカルパートのリーダー的存在です。ライブ中での表情も豊かでステージで一番輝いているのはヒロムかなって思います。
トキヲカケル:彼のキャッチフレーズは“声爆弾”といいます。声が大きいんです。見た目とは違いますね!
詠月:袖で声出ししているとステージ上のマイクで音を拾ってしまうくらいです(笑)。
湧士:ヒロムは、何を考えているのか分からないんです。でもステージ上で予想外のことが起きるとアドリブで切り抜けます。実は色々と考えているんだなって。尊敬しています。
水谷:僕から見て、彼はモテる男だなって。女性の扱いが上手い。(メンバー笑)
福井:女性ファンのってことですよね。
水谷:チェキで一緒に写真を撮影する時のポージングが上手いんです。甘い言葉をかけたりしてファンを楽しませたり最高の笑顔で写真を撮ります。
いおり:ヒロムくんはステージ映えしますね!ステージ上ではカッコイイんですが、ステージを降りると一番年下ということもあって、無邪気に子供のように笑って可愛い子になっちゃいます。

171124pop_mizutani02.jpg 尾崎:次は、水谷くんについて……。
詠月:僕たちはライブの本数が多いんですけど、マンネリしないように考えてくれるのが彼です。お面を被ってステージに上がったり、ファンが喜ぶことを考えています。ただ、事前に共有はしません(笑)。僕らにもサプライズです。
トキヲカケル:彼は、僕らにここまではやっていいのかなって境界線を教えてくれます。開拓者なんです。
詠月:ライバルアーティストのツイートで「黒マスクは嫌いだ」というツイートがあって、そのアイドルと一緒のイベントであえて黒マスクを着けてライブに出る!!曲途中で謝罪して白マスクに変えるんです。
トキヲカケル:その結果、仲良くなったりもあるんです。
湧士:凡人じゃ考えられないことを考えます。常に学ぶ姿勢が素晴らしいです。シュンとしている時の顔が可愛いです。
トキヲカケル:駿くんだけにね……。
福井:僕も思いました(笑)。頭の回転が速く僕らが考えも付かないことをやってくれます。歌わなかったり、踊らなかったり(笑)。
いおり:自分の芯をしっかり持っていて、その分、降り幅があります。

171124pop_yuji02.jpg 尾崎:次は、湧士くんについて……。
詠月:ゆうちゃんは、この可愛いのはキャラだと思っていたんですけど、ファンの前だけじゃなくて、プライベートも一緒です。アイドルをするために生まれて来た子です。
トキヲカケル:湧士くんが可愛すぎてイタズラしちゃいたくなるんですけど、その時のリアクションがまた可愛いんです。それを許してくれる、マスコット的存在です。
水谷:湧士は、人の話をしっかりと聞いていて、ちゃんと拾ってコメントをします。
福井:その拾った一言がメチャ面白いんです。すぶやきツッコミです。
いおり:はい!ゆうちゃんは、とにかく可愛いの一言につきます!!
湧士:マキ過ぎじゃない?
いおり:インタビューの終了時間が近づいています(笑)。

171124pop_tokiwo02.jpg 尾崎:次は、トキヲカケルくんについて……。
詠月:顔です!以上!!
トキヲカケル:え。マキ過ぎ!!
詠月:チーム内で一番ルールを守ります。唯一、遅刻がないんじゃないかな?子供と大人の切り替えがしっかり出来ます。
湧士:この顔もあって、ふだんから人に見られているって意識があるのか、自己アピール力が強いです。自分を良く見せる方法を知っているので、僕は今、彼のその方法を盗んでいます。
水谷:好きなものを語っている時の顔が魅力的で引き込まれます。
福井:顔です!以上!!
トキヲカケル:みんな考えて発言してる??
福井:ダンスがヘタクソなのが可愛いです(笑)。それがウケています!
いおり:彼はよく子供っぽいっていわれますけど、僕がヘコんでいる時に慰めてくれたりします。僕にとっては兄のような存在です。

尾崎:ありがとうございました。それでは、最後に今後の活動について教えてください。
詠月:来年の1月19日(金)に初のワンマンライブがあります。
「渋谷 club asia(クラブエイジア)」というライブハウスです。それに向け今までのファンの方はもちろん、新しいファンの方にも観ていただけるよう、がんばって活動しています。毎日ライブをやっています。みなさん観にきてください!!
本日、欠席のオレンジ担当の小室健(こむろけん)の他に新しいメンバーが明日(2017年9月29日)入ります。小童也遼(ひじやりょう)、グリーン担当で岡山県出身の最年少です。みなさん、よろしくお願いします。コンサート会場でお会いしましょう!!

171124poplive03.jpg ーーその後、11月14日(火)に、ライブ会場(池袋シアターYES)にお邪魔して、ライブの撮影とライブ後メンバーからひとこといただきました。
詠月:初のワンマンライブに向けて、今、作り上げています。みなさんいっよに楽しみましょう!
いおり:ポップジャンクスクールが活動を開始してから約1年半の集大成を見せたいと思います。みなさん期待してください!
福井:みなさん、エイジアに集まってください!!
トキヲカケル:今までの誰にも負けないワンマンライブにします!!みなさん遊びに来てきださい!
湧士:ワンマンライブの副題は「鼓動」です。みんなの心を揺さぶるようなライブにしたいです!
小室:オレンジ担当、みんなの太陽ケンケンです!!ワンマンに向けてガンバってます!みんな、愛しています!!
小童:グリーン担当、小童也遼です!!9月29日にメンバーになった新人です。1月19日まであまり時間がないですけど、先輩たちに負けないようなパフォーマンスが出来るようガンバりたいです!!
ーーワンマンライブに向けて、大いに盛り上がりを見せるポップジャンクスクール。1月19日(金)の「渋谷 club asia(クラブエイジア)」でのワンマンライブが楽しみです。

171124poplive04.jpg











エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2017 / 11 / 24

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ