サクラ咲くサク桜丘

JUICE ZONE――桜丘に"カラダにやさしい新色"現る

jz_prof.jpg

【今回の桜な人々】
JUICE ZONE
久住川 順一さん

〒150-0031
渋谷区桜丘町16-9マップ




ずいぶんと早くに桜が咲き、しかもその後は肌寒い日が続くなど、おかしな気候が続いた東京周辺。メガロポリス渋谷の桜丘町も例外でなく、桜の開花から1カ月もして上着を引っ張り出すようなことまであったが、5月の風とともにようやく春めいてきた。爽やかな気候に桜通りを行く足取りも軽く――。
 

jz_t01.jpg

そんな散策の最中、桜通りの中腹で新しいお店を見つけた。名店『鳥金』、そしてこちらも新風の寿司屋『若鮨』のお隣り。実は以前、当コーナーに出ていただいたお店があったところなのだが残念ながら閉店してしまい、長きに渡って“空き”の状態が続いていたのだが先日来、ついに工事が着工。なにができるのか、ワクワクしながら待っていた次第である。
じゃあ入ってみましょうか、『JUICE ZONE(ジュースゾーン)』へ。

いらっしゃいませ、と迎えてくれた色鮮やかなユニフォームの店員さん。そしてウインドウの果物や野菜。カウンター類がシンプルな木目調である以外は、様々な鮮やかな“色”が並んでいる。
「はい、当店のコンセプトは“ライフ・イズ・カラフル”。様々な色のジュースとともに、人生を彩りましょう」
そう言って登場したのは、このお店の運営会社であるパブリスの久住川順一さん。こちら『JUICE ZONE』は97年にカナダで生まれたフレッシュジュース、スムージーをメインに扱う飲食店で、桜丘には4月24日にオープンした。
「日本初上陸で、記念すべき世界30店舗目となっております」(久住川さん)

こちらのウリはなんと言っても安心で自然な食材とその味たち。
「ジュースやスムージーは生のフルーツや野菜を使い、お水や砂糖は加えておりません。飲み物だけでなく、たとえばカップでお出ししているサラダの原材料名を見てもらいますと、レタスや水菜などサラダの“具材”以外に出てくる物って、ドレッシング関連しかないんです。さらに使っている果物や野菜も徹底して無農薬であったり、時期的に完全に無農薬にはできない葉物などにしても、時期で無農薬に切り替えられる物は切り替えます。飲食店の運営につきまして、味やホスピタリティなど日本やアジア諸国が欧米に勝っている面は多いのですが、“安全”については欧米のほうが徹底しています。味だけではなく、そこにもこだわっているお店ですよ」
そう熱く語る久住川さんに「どうぞ!」と薦められたスムージー、「ラズベリーラッシュ」と「マンゴーマッドネス」をゴクリ。ラズベリーはキッチリすっぱく、そしてマンゴーはコクのある飲み口。妙な甘さや軽さがない、“果物だもの”という味がする。
「加糖や加水しないという基本は守りながら、日本人の口に合うようにずっとリサーチをし続けましたからね。それでできあがった日本限定で『あずき』などもありますから、よろしかったらお試しください」(久住川さん)
 

jz_t04.jpg

「開店後、想像以上のお客さまにご来店いただいております。ありがとうございます。コーヒーショップでコーヒーを飲む、もしくはコンビニでお弁当を買う感覚で、スムージーやジュースにコーヒー、そしてフード類をみなさんお買い求めです。たとえば朝、昨日飲み過ぎたなと『デトックス』というジュースを飲んでいただいて、それでランチにはスムージーとパニーニ……なんてお客さまもおられます。私は会社の施設がこの近所にあり、『そうか、桜丘といういい町がある』と確信して会社にお願いしたのですが、それは間違ってなかったなと感じましたが、さらにこれから地元のみなさんに足を運んでいただければと思っています。食事としてできるフード類も増強しますし、暑くなる前にはフローズンヨーグルトの提供も開始します。夏場にはソフトクリームよりヘルシーなフローズンヨーグルトを片手に、桜丘を楽しんでいただければと思いますよ。え、いちばんは桜の季節ですって? それはそうですね。そのときは3階席なんてかぶりつきですよ。まあ、丸一年後ですけれどね(笑)」

jz_t02.jpgjz_t03.jpg

そうそう、桜丘のみなさんは忙しいのかお持ち帰りの人が多いんですよね。2階と3階にも席がありますので座っても食べられますよとお伝えくださいませ、そう笑顔で締めくくった久住川さん。最初と同様、ラズベリーのように爽やかな店員さんたちの「ありがとうござました」の声に送られて店を後にした。

『JUICE ZONE』
桜丘に“新色”現る。
 

jz_01.jpgjz_02.jpg

さあオーダーを受けてからすべて手作り、自慢のスムージーをいただきましょう。すっぱい物はすっぱく、そして甘い物は甘いという自然を感じることができる贅沢な一杯。冷やす氷も最小限なので、時間が経っても水っぽくならないのも嬉しい限りですね。ちなみにこちらのサイズは二番目のトールサイズ、下にショート、上にグランデの3セット体制になっておりますよ

jz_03.jpg

美味しいものを食べて、そして美味しいものを飲む。これ最高ですね、ということでパニーニ と合わせてみましょうか。こちらはスモークサーモンとサワークリーム(480円)


jz_04.jpg

そしてローストポークとハニーマスタードソース(480円)。「フードはほかにもラップサンドにサラダ、これらの新商品も続々と登場します。フローズンヨーグルトにもご期待ください」(久住川さん)






  エンタメ サクラ咲くサク桜丘   記:  2013 / 05 / 09

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
愚行録

一年前の一家惨殺事件、真相を探る週刊誌…

旅塾

▲このページのトップへ