編集長!今日はどちらへ?

カナダアイスクライミング―1―

2016 / 03 / 29

2時間車を走らせる間、1軒たりとも民家もなく、わずかにトイレスポットが2ヵ所あるだけ、ましてやコンビニなど一度として見かけたためしはなかった。長大に連なるロッキー山脈の山々に抱かれるように豊かに広がる広大な大地。いたるところに聳える岩峰から驚嘆するスケールの氷瀑が「さあ登れ!」とばかりにきらめいている。
その筆舌に尽くしがたい光景は、それでも毎日見ていると慣れっこになってしまうほど贅沢で、素晴らしいカナダアイスクライミングデイ6日間ではあった。
例え、期せずしてクライミング最終日の最後の最後に今シーズンの私のアイスの幕引きになってしまったにせよ、ワンダホ&ビユティホなカナダライフに何ほどの影を落とすものではなかった。
って…
何のことかは、お話しが「最終日の最後の最後」までお待ちくださいませ〜

2016年2月23日:移動
長いわ〜
成田→バンクーバー(空路)→カルガリー(空路)→レイクルイーズイン(車)の行程、なんやかやでトランジットの待ちも入れると20時間から上を要したことになる。

datin_160329_01.jpg 2016年2月24日:ハフナークリークHalhner Creek
初めてのリアルミックス。チョー嬉しい!!
アプローチからわくわくが止まらない。谷筋を歩いて、岩の間から氷が見えてくると、もうドキドキだー!

datin_160329_02_3.jpg 残念ながらM7もM6もノーテンでは行けなかった。たくさんのクライマーが登った痕跡露わでアックス跡がはっきりそれとわかるほどにえぐれているとはいえ、そこは氷とはわけが違う。当然ながら岩にアックスが刺さったりはしない。これと思しきスポットにピック先を置いたら、左右ぶらさず、重心を真っ直ぐ下にかける。すなわち脇を締めて垂直に引く。それを少しでも違えるとアックスは外れてしまう。

M6はアンダーあり、リアルミックスならではのトルキングありで、なかなかに面白かった。
私的にはもう1日、ハーフナーでミックスやドライ体験をしたかった。ドライが上達するということはすなわち、アックスの引き方に熟達するということであり、ひいては氷のクライミングの精度を上げることにつながると感じたからだ。
しかしながら、周辺には恐ろしいほどにスケールのhuge&largな氷瀑が散在している。とても同じスポットを再訪する時間はなかろうとひとりごちした。

datin_160329_03.jpg 足を延ばしてバンフへ買い出しに行った。大きなカート2杯分の食糧の買い物、ビールやワイン、いいちこも入手。実に楽しく充実したコテジライフの礎万全というところだった。

datin_160329_04.jpg 2016年2月25日
ルイーズフォールLouise Fall/110m/3p

datin_160329_05.jpg 湖沿いに30分ほど歩くと、Louise Fallが右奥に見えてくる。
スゴイッ!ワイド&ヒュージ!圧倒される。

datin_160329_06.jpg そこそこの傾斜の1ピッチ目。2ピッチ目もまずまず。
2P目の終了点は氷柱の裏側の小洞窟。そこから3P目に入るのに氷柱の裏側から回り込んで表に出る時にちょっとスリル。が実際、回り込んでみると探せば細かいスタンスがちゃんと見つかる。

datin_160329_07b.jpg 終日上天気で、しかも無風。途中でヤッケは脱いで、インナーとソフトシェル2枚でいても汗ばむほどポカポカ、アイス日和でほんとに幸せ!

datin_160329_08.jpg











連載 編集長!今日はどちらへ?   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ