編集長!今日はどちらへ?

カナダアイスクライミング―2―

2016 / 04 / 01

2016年2月26日
ウィーピングウォールWeeping Wall:w15/160m/3P

壁自体は全高400mの大岩壁。
なのに車を降りてわずか10分ほど歩けば氷瀑の取り付にたどり着く。アプローチ核心の身には有難いロケーション。
そして本日もいいお天気だ。

3Pと聞いてラッキーなんて思ったら、大きな間違い。トポ本「ICELINE」にも記載のとおり1PはW15 45-50m、2PはW15 60m、3PはW14 50mと、とんでもない巨大氷瀑なのだ。
1ピッチ1ピッチが長いのなんの。疲れる疲れる!

datin160401_01b.jpg 美しいカナディアンランドスケイプもだが、特筆すべきはmountain gangの襲来。登っている最中、下の方で何やら騒がしいな!とは思っていた。どうやら数羽のカラスがカーカー雄叫びながら、我々のザックの周りを物色しているのだ。アマブタなどもきちんと閉めてあるし、バックルもしっかりかけてきた。丈夫な生地に穴をあけるほどカラスのくちばしが頑強とも思えないと高をくくっていたんだが…
降りてきてみて仰天した。なんと、ちゃっかりアマブタのファスナーを開けて、中に入っていた行動食をごっそり平らげてしまっていた。ジップロックに入れたミックスナッツ。まだ開けていない種無しドライプルーンやマンゴー、ポークソーセージも根こそぎ!篠原ガイドは救急バッグにしまって、アマブタに入れておいたエナジー剤までやられた。大損害だわ。
ってかーッ…
腹減った〜トホホ!

datin160401_02.jpg 帰りにバンフへ足を延ばして食料など買い足しに。

datin160401_03.jpg  2016年2月27日
朝から雪が結構な勢いで降り続けていることもあり、登るべきルートの下見も必要とあって女性3人はバンフで落としてもらい、お土産ショッピングに勤しむ間に、篠原ガイドと木村ガイドはジャスパー方面?とバンフの先にしかるべきルートを探しに。

2016年2月28日
シェイドオブビューティーShade of Beauty/W14/105m/P3
P1:W12-3/32m
P2:W14/35m
P3:W13-4/35m
全3Pの設定のところ1本余分に切って4Pで登った。

datin160401_04.jpg 昨日の天気とは打って変わって、本日はまたいいお天気!そして例のごとく無風。
けれど名前のとおり、ずっと日が当たらないこの氷瀑は暑すぎず、登り勝手がいい。

datin160401_05b.jpg











連載 編集長!今日はどちらへ?   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】RE:BORN リボーン

★豪華キャスト&スタッフが集結!! ★…

旅塾

▲このページのトップへ