道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2005/11/13
撮影場所 台中・台湾 
学名  
科目・属 ー 
季節  
生育地  
分布  

スゴイ?スゴクナイ?

「琉球弧 野山の花」「FLOWERING PLANTS OF THAILAND」どちたにも記載が見つからなず、検索してもダメ。となるともう「ゴメンナサイ」。マメ科かなー、とか思うだけである。

造成途中の空き地に群れてたくさん咲いていた。
トマトの若い苗のようないでたちで、やわらかそうな茎や葉は白い毛に被われている。こんなに特徴的なのだが、いかんせんあたるべき資料・図鑑を知らないのだから仕方がない。

この次台湾へ行ったなら、必ず本屋さんをのぞいてみよう。英語だろうが中国語だろうが、学名は必ずラテン語と決まっている。写真で見当を付け、学名でネット検索すれば和名があれば、それもわかるというもの。

そういう時は「人間てスゴイ」と感心する。しかしながら世界には気候風土の異なる植物分布が存在し、人知の及ばない道端の草花も数知れないのだろう。

「人間はスゴイ」が自然は計り知れなくスゴイのだ。

じゃあ、その自然を破壊する人間て、一体何なんだ?!

とは理屈をこねたりするのだが、少なくとも花の名前を知るのにヤキモキしていられるのも、これまた文明の利なんである。

あああ、この絶対矛盾に胸が痛い!

あらら。アタシ、混乱してる?

記:2006-10-24