道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ツリフネソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2005/09/19
撮影場所 箱根 
学名 alsaminaceae impatiens textori 
科目・属 ツリフネソウ科ツリフネソウ属 
季節 夏 
生育地 山野の湿地 
分布 北、本、四、九 

タヌキでごめん

台ヶ岳のススキ散策路。1本山側のススキに埋もれた細い道?をススキやイタドリの枝をかき分け、テンニンソウの枝をまたぎながら歩いていて見つけた。
タマアジサイを撮った場所からヤブを出ずに正解。片側に雨水でえぐれた溝に落ちそうになりながら、「進めなくなったら戻ればいいや」の勢いで歩いてよかった。
「ほんとにこの辺りのジモッチーだったのねー」狂喜した。
湿性花園でもこれをたくさん見かけたが、ヤブをかき分けての発見だもの嬉しさは格別。

細い花柄が3〜4センチほどの花を吊り下げている。
釣船草。花の形を「釣り船」にたとえ、「吊り」をかけたのだろうか。あっちでもブラン、こっちでもブランと咲いているのは、なんとも愛らしくお茶目な感じ。

撮り終えてヤブからはい出たら、散策しているおいちゃんに鉢合わせ。
ん?おいちゃんの顔が…

「熊だと思った?」
「ほんとだよー」
「熊とまではいかないけど、おばさんタヌキでスイマセンねー」

おいちゃんはなんとなくご一行と離れ、たまたま散策の人並みも途切れて、一人歩きしていたようだった。そこへ背丈よりずっと高く伸びた目の前のススキのヤブが、ガサガサ音を立てて揺れ動いたもんだから、おいちゃん思わず固まってしまったみたいだった。

「いきなり飛び出して来るんだもん、びっくりしちゃったよー」

ところへ、おばさんタヌキがヌッと飛んで出て、おいちゃん、ころり転げそうになったというわけだ。アハハ。
とんだ心筋トレーニングさせちゃった。

はい、ごめんなさいまし。

記:2006-10-24