道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(3)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ボタンヅル


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2005/07/27
撮影場所 山梨 
学名 Ranunculaceae clematis apifolia 
科目・属 キンポウゲ科センニンソウ属 
季節 夏 
生育地 日当たりのよい山野 
分布 本、四、九 

関連情報
作戦潜行!!

てっきり「センニンソウ」だと思い込んだのだが、家に帰って開けてみたら「どうも、どこか違う」。

センニンソウは葉に光沢があり、羽状複葉で卵円形なのに対し、これは1回3出複葉で鋸葉で光沢もない。

こういう時は「もうけもの」をしたようで妙にうれしい。以前に撮ったと思いながら、なぜかカメラに収めたくなって撮った。後になって「勘が働いた」と思えることが猛烈うれしい。
「うん、草花語がだんだん上達してきたのかなー」など独り悦にいる。

台風一過の翌日のピーカンで、しかも「ほったらかし温泉」からフルーツ公園めがけて歩き出したのが、最も日差しが強い午後2時過ぎ。暑いの暑くないの。汗だくだく。

そのカンカン照りの日差しを笑顔で浴びてたのがコヤツ。元気なやっちゃ!

「白いハナビラに見えんのは実はハナビラでなくてガクでね、ウンヌンカンヌン…」

アタシの説明もそこそこに

「思い存分撮っといで」

同行のアサミちゃんとタマちゃんは山側の日陰でオマチしてた。
草花となるとつい我を忘れマイペースなアタシに深い理解の友人たちは、とっても有り難く感謝の念断じ難いのだが、同行に同好がいないのはどこか寂しくもある。

だからね、最近「近辺同好増量作戦」を開始しているわけですよ。しかもちゃくちゃく進行中!

え?「迷惑してる」って?

そうゆーことには「気がつかない」ふりをすることにしております。

記:2006-11-06