道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(5)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ハナニガナ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2002/10/22
撮影場所 横浜市青葉区 
学名 Compositae f.amplifolia 
科目・属 キク科ニガナ属 
季節 夏 
生育地 山野、丘陵 
分布 北、本、四、九 

定着!どんどこ、ずんずん

シロバナニガナの一品種。シロバナニガナはニガナの変種。
ひょろっと伸びすぎて斜めに傾いている茎をまっすぐにしたらば、80センチほどはあった。

本当はその日は散歩の予定はなかった。仕事も混んでくるはずだったから。

ところがなかなか実際にことが始まらず、中途半端に手持ち無沙汰だったので、急に外に出る気になった。

となると、数日前見たヤノネグサ、サデグサの原と化している休耕田脇のあぜ道を、とことん極めるつもりになった。

ずんずん進めど進めど、ヤノネ、サデ原が続くばかりか、休耕してからかなり年月を経ているらしく、前日降りとおした雨のせいであぜは崩れ、奥に行くほどズブズブ状態で往生した。

何か目新しいものを発見せずには置くものか、という気持ちが働いたのだろう、道も途切れたどん詰まりと見られる竹やぶをかき分けて入った。
靴の下で朽ちた竹がバリバリと音を立てる。
しばらくしてふと前方を見やると、竹やぶの向こうに雑木林の小山が続き、足跡のないごくごく細い道が見えた。

どんどこどんどこ登っていった。
雑木の山は案外深く、もうそろそろひき返そうかと思い始めたら、山の端が明るく見える。

どうやら一山(といってもごく小山だが)越えた山里の端にたどり着いたようだった。
昔ながらの農家の家並みを見下ろす林下に、ようやくこれを見つけた。

「季節はずれだけどしっかたないか!今日は何にも見つからなかったから、ニガナでも撮って帰るか」

と思ったんだが、画像を見ればさにあらず、ハナニガナだったというわけだ。

ところがなんと、大収穫もあった!

「さて同じ道を辿るのは能がないな」と、帰る算段をしていたらふと目に付いた。

そこら一帯は「ヤブレガサ・バーゲン」会場のようだった。
あまりにものおびただしいヤブレガサ集団にうなってしまったが、いくらさよならセールでも、この時期のヤブレガサは、いかにもぼろぼろのおんぼろ傘だよねー。

バーゲン漁りは来春に取って置くことにした。

「もう1歩」はすっかり行動パターンとして定着したなー。

記:2006-10-31