道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ヒメフウロ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2006/11/26
撮影場所 東京都・奥多摩・日の出山 
学名 Geraniaceae geranium robertianum 
科目・属 フウロウソウ科フウロウソウ属 
季節 秋 
生育地 石灰岩地 
分布 本(中部)、四(剣山) 

関連リンク
@ルポはこちら
女も黙って…

和名は「姫風露」。塩を焼いたような臭気があるところから、別名「シオヤキソウ」。

同定には疑問が残る。
はたして見つけた場所が石灰岩地だったか。分布地、花期ともにズレがあるが。

御岳山から日の出山へ向かう入り口付近で見つけた。

「撮っていいのは写真だけ」
と、思うあまり、花に触れるてみる、という行動がとれない。
「口にすると酸味がある」だの「葉に触れると○○の臭気がある」だのはいつも、帰って図鑑を調べて初めて知る。

シオヤキソウのシオヤキソウたる所以に触れずにしまった。返す返すも残念。

「草花だけのことにとどまるまい」

本質に触れることから自身を遠ざけている要因は、紛れもなく自身に内在している。
いたずらに経験主義的にばかり陥るのをよしとすることでもないが、もう1歩踏み出す反射能力に欠けている。そのことに唖然とする。

いや、なにね、ちょっとばかしがっかりした。それだけのことなんだけどね。
ゴチャゴチャ言葉を並べるより、黙って抱きしめる。
それが大事な時だってあるってこと、再認識ですよ。

花期は5月〜8月



記:2006-12-09