道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2017年(6)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
マルバダケブキ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2007/07/21
撮影場所 奥多摩・雲取山 
学名 Compositae ligularia dentate 
科目・属 キク科メタラカラコウ属 
季節 夏 
生育地 深山のやや湿り気のある草地や林縁 
分布 本、四 

関連情報
好きだよ〜

「きれいな黄色いツワブキのアネゴみたいな花が咲きかけてましたよ〜」と言ったら「あれね〜、増えて困ってるんですよ」と山鳩山荘の原島さん。どうやら嫌われもんなんだらしい。天敵がいなくなって増えすぎた鹿が植物を食い荒らし、野草がどんどん姿を消す。その鹿が、どういうわけかマルバダケブキだけは見向きもしないんだとか。

5月に1泊山荘泊まりで雲取山に登り、調子に乗って7月にテント泊の装備を担いでまた登った。風邪気味の体調不良で山頂で高山病様相を呈して「背走」した。
テント張るどころじゃなく、山荘に転がり込んで、翌日フラフラしながらただ降りてきた。

登りの途中、なんだか息がしづらい状態で、ヨロヨロしながらようやくたどり着いた石尾根の北斜面は一面にフキのような植物で埋め尽くされていた。ツボミをつけているのはたくさんあったが、花期にはまだ届いておらず葉ばかりが茂っていた。

恐ろしいぐらいの群生の中で、たった1株だけが花をつけていた。この花に向かい合って撮っている間に雲取山荘へ歩き続ける力が湧いていた。

アタシはアンタ、好きだよ〜


花期は7月〜8月



記:2007-10-30