道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2017年(6)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ミヤマウズラ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2007/08/19
撮影場所 石川県・和倉温泉 
学名 Orachidaceae goodyera schechtendaliana 
科目・属 ラン科シュスラン属 
季節 夏 
生育地 山地の林内 
分布 北(中部)、本、四、九 

関連情報
どこかでお会いしましたっけ?

ラン科には違いないとは直感した。
しかし…どっかで見たことがあるような…
で図鑑を調べて驚愕!なんと昨年10月に屋久島へ出かけ、縄文杉へのトロッコ道脇で見かけたのだった。咲いていた場所が仰角で、しかも暗かったので上手く撮れなかったのだ。
なんという、ご縁でしょ。

8月17日に金沢へでかけた。18日の日程を終えると翌日は日曜。ぽっかり開いたのをこれ幸いに、能登半島を回った。
1日、観光名所を車で回って、ほとほと疲れた。身体を動かさずにいるとおかしな疲労にとらわれる。早めに和倉温泉にチェックインして、近くの自然公園になっている小山を歩いた。

人工でこしらえたのではなく、元からの自然を公園に仕立てた小山だからこそ、これに出会えたのだとつくづく思う。

ほんの10cmほどの草丈、それでなくてもちいさな花が微風にも大揺れして全草の画像がボケボケだから、葉に白い斑が入っているかいまいちわからない。
主婦の友社「高尾山 花と木の図鑑」によれば、葉に斑入りのないものはミヤマウズラとシュスランの交配種・ガクナンというのもあるとか…

花期は8月〜9月

記:2007-11-13