道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(24)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(29)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
タチコゴメグサ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2007/08/25
撮影場所 奥多摩・雲取山 
学名 Scrophulariaceae euphrasia maximowiczii 
科目・属 ゴマノハグサ科コゴメグサ属 
季節 夏 
生育地 高原 
分布 本、四、九 

関連情報
この胸のときめき〜♪

奥多摩・雲取山の山頂に手が届く岩だらけの斜面に咲いていた。標高1900mを超える地点。

つい眼を引くハナイカリを先に撮ってしまったが、こうしてみると、どうして可愛い花姿だ。
草丈5cmにも満たない小柄だから、花となればコメツブほど。ハアハアが治まりやらぬ状況で、よくもまあ、ちゃんと撮れたもんだ。

7月に雲取山テント泊縦走を試みて、体調不良により敗走した時は、相当落胆したものだったが、ひと月して再度挑戦したればこそ、たくさんの花に会えた。

奥多摩小屋近くのテント場にテントを張り、「どこでも寝る、スグ寝る、ヨク寝る、スゴク寝る」才能を発揮し、翌朝、眼前に薄紅色に染まった富士山に感動した時も「ああ、来てよかった!」心底、そう思ったが、小さな花たちとの出会い、これはまた何にも替え難い胸高鳴る瞬間だった。

花期は8月〜9月

記:2007/12/31


記:2008-01-18