道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(24)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
イワイチョウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2008/08/12
撮影場所 剣岳/富山県 
学名 Menyanthaceae Faunia crista-galli 
科目・属 ミツガシワ科イワイチョウ属 
季節 夏 
生育地 亜高山帯から高山帯の雪田跡や湿地 
分布 北、本(東北地方、中部地方の日本海側)、南千島 

一期一会!

白山でも、およそ山水でシケシケしたようなところにはたくさん見かけた。南竜のテント場周辺の沢沿いにも群生していた。なぜか撮りそびれた。その意識もあるいは、なかったかもしれない。

剣山荘の前のくぼ地にヨツバシオガマを撮りに行ったら、数体生えているのを見つけた。うちの花つきがましなのを辛うじて撮った。
「一応、撮っとくか」な気でいたが、後になってイワイチョウの絵がこれっきりしかないのに気がついて唖然とした。
なんだな〜

「あとで、帰りに、ここじゃなくても、先でも」は基本、ダメ。まずは初見で撮っておく。イマイチ感が残ったら、機会を見て再度、撮る。それが正しい。

登りと下山でルートが違ったり、天候悪化で撮れないだの、そこここで環境条件が多少なりとも違っていれば、最も美しい花姿に達していなかったり、過ぎていたり。

いちいち「見合い写真」を撮る気構えが必要ですな〜
花期は7月から8月上旬


記:2008-09-04