道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(4)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ウツボグサ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2008/07/19
撮影場所 長野県八ヶ岳:美濃戸山荘→行者小屋 
学名 LABITAE Prunella vulgaris var.lilacina 
科目・属 シソ科オウツボグサ属 
季節 夏 
生育地 山野の草地や道端。多年草 
分布 北、本、四、九 

この胸の時めき

テント泊2泊で八ヶ岳:阿弥陀岳・赤岳・権現岳を縦走した。

それこそ行くところに行けば、何も息を荒くして登山せずとも、草っ原にどやどや咲いていたりするとは知っていたが、行くところに行った試しがないので初めて見た。美濃戸山荘から歩き出してまだいくばくも経ってなかったろう。

足を止めて撮っていると、後からきた登山者がのぞきこむ。
それとわかると「なーんだ」顔で去っていく。
「ウツボか」
言わなくてもいいことを、ぼそっとだが聞こえるようにつぶやいて。

いいの、いいの、ほっといて。
なん10回となく数え切れないくらい八ヶ岳へは登ったという達者とは、自慢じゃないが違うんである。前年の厳冬期に初めて天狗岳に登頂したという新参なんだから、夏の八ヶ岳の美濃戸口から行者小屋までのこのルートを歩くのは生まれて初めて。何を見ても驚嘆している時めきを分けてあげたいくらいだ。

おそらく次に同じ時期に同じルートを歩いたとして、この花を見かけたら、やはり「ああ、ウツボグサが咲いてるね」と思いはするが、止まって撮ることは決してないだろうことは明らかなのだから。

花期は6月から8月


記:2009/07/17
*実際に登山して撮ってから1年が経過している。どこで何を撮ったか記憶をたどりつつなので、実際と異なる場合もあるかもしれない。


記:2009-07-17