道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
タカネグンナイフウロウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2008/07/19
撮影場所 長野県八ヶ岳:美濃戸山荘→行者小屋 
学名 GERANIACEAE Geraniumu eriostemon var.reini f.onoel 
科目・属 フウロウソウ科フウロウソウ属 
季節  
生育地 高山帯の開けた草地。日本固有 
分布 本州(船形山、日光白根山、北・中央・南アルプス、八ヶ岳、富士山 

花の出迎え

葉の形と毛の生え具合、図鑑に記載の分布地域から同定したが、ハクサンフウロウなのか、また別種のものなのか自信がない。いずれにしても高山植物には違いないだろうが。

コースタイムなどはなから全く無視で歩いているから、一体どこいらを歩いているのやら見当がつけにくいが、相当な疲れ具合から、そろそろ高度をかせできた気はしている。後から登ってきて追い抜いて行く登山者もいなくなった。急がなければならない時間帯にも突入したとみえる。

撮るのにしゃがみこんだまま、なかなか尻を上げる気がしない。そばに水場があれば、ここでお泊りにしたいくらいだ。

うんざりしばがら思い腰をようやくに上げて、よたりよたりと歩き出す。ものの10分といかないうちにテント場に着いた。
やっぱりね〜

よく頑張りました。
花に迎えられての到着である。

花期は7月から8月


記:2009/07/17
*実際に登山して撮ってから1年が経過している。どこで何を撮ったか記憶をたどりつつなので、実際と異なる場合もあるかもしれない。




記:2009-07-17