道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(4)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
チシマギキョウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2008/07/20
撮影場所 長野県八ヶ岳:阿弥陀岳山頂 
学名 CAMPANULACEAE Campanula chmissonis 
科目・属 キキョウ科ホタルブクロ属 
季節 夏 
生育地 高山帯の砂礫地や岩場に生える多年草 
分布 北、本(青森県を除く東北地方から中部地方) 

頂、遥かなり

テント泊2泊で八ヶ岳:阿弥陀岳・赤岳・権現岳を縦走した。
2日目、まずは行者小屋から中岳のコルへ向かう。山道を行くこと1時間余、いきなり視界が開ける。
コルとは鞍部、つまり馬でいえば鞍、ラクダならコブとコブの間。右には阿弥陀への登り、左は中岳を経て赤岳へ。いずれもむき出しの赤茶けた岩稜帯。ここへ来て急に厳しい登りの道筋がはっきり見えて圧倒される。

向こう側が遥かに落ちている山斜面のコルの端っこに涼しげな顔でチシマギキョウが咲いている。あたかも「ここからが正念場ですよ」と励まされているようだ。

写真は阿弥陀岳の山頂で撮った。どうせもう1度通るのだからとコルのチシマは撮らなかった。阿弥陀の山頂ではそこここにたくさん咲いていた。ヤマモリ撮ったので折り返したコルではもう撮らなかったが、1輪だけ咲いていたコルのチシマの方が強く印象に残っているのは何故だろう。

花期は7月下旬から8月


記:2009/07/18
*実際に登山して撮ってから1年が経過している。どこで何を撮ったか記憶をたどりつつなので、実際と異なる場合もあるかもしれない。



記:2009-07-18