道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(4)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
テッポウユリ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2009/08/15
撮影場所 神奈川県横浜市青葉区 
学名 LILIACEAE Lilium longiflorum 
科目・属 ユリ科ユリ属 
季節 夏 
生育地 海岸近くの崖などに生える多年草 
分布 九(種子島、屋久島)、沖 

美白姫

玄関先に1輪、庭に2輪咲いた。濃い香おりを放っている。
追って2輪は間もなく咲き、しばらく空いて2輪ほど咲きそうだ。

いつのころから我が家に住み着いているのかさえ覚えがない。数年前、ある日咲いているのを見つけた。わざわざ植えたわけでもない。買った花苗の土に球根の燐辺か種が混ざっていたか、どこからか風に乗って舞い降りたか。

以来、種をむしって、その辺にただばら撒いておくと、どっかこっかで芽を出したのは、翌々年あたりだろうか、忘れたころにに咲く。

なにせ水遣りも何もしない主の庭のこととて、いずれかは息絶え、いずれかが土下で球根を肥やしてという結果が今日の3輪の開花なのに違いない。

寝苦しく、おかしな時間に目が覚めて、仕方がなくうとうとと2度寝する。そんな気だるい朝でも、窓の外に楚々とした姿の咲き姿を見ると、「さてさて今日も頑張るか」と、著しく起動力の低いオンボロモーターも幾分スムーズに回転を始める。

炎天下、日焼けもせず、汗もかかずに咲き誇る。
エライやっちゃ!

花期は3月から6月


記:2009-08-15