道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(1)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ミソガワソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2009/08/23
撮影場所 八ヶ岳:硫黄岳・オーレン小屋 
学名 LABIATAE Nepeta subsessilis 
科目・属 シソ科トイヌハッカ属 
季節 夏 
生育地 亜高山帯の草地や深山の川原 
分布 北、本、四 

幸福感!

8月22日に夏沢鉱泉に泊まり、翌朝5時に出発して硫黄岳山頂を目指した。歩き出して40分ほどのオーレン小屋で朝食を摂った。

小屋の周りは亜高山域の草花が咲き乱れていた。帰路に同じところを通るので写真は帰りに撮った。
まだ歩き始めで、どの程度の歩きができるのかが、やってみなければわからなかったので、ともかくも山頂を目指すことにした。

赤岩の頭を経て硫黄岳山頂へ。横岳・奥の院へ足を伸ばし、硫黄岳へ登り返し、夏沢峠を経てオーレン小屋へ戻った。夏沢峠・オーレン小屋、オーレン小屋・夏沢鉱泉間はややペースダウンしたが行程表では15:30着のところを13:30には夏沢鉱泉に着いたのだから、まずまずだ。

5月18日に第2腰椎骨折で入院してから3ヶ月の後、初の山行としては「よく頑張った」と言っていい。
「ぜんぜん、問題ないっすよ」
豆板醤に言われると、ことのほか嬉しい。

オーレン小屋のすぐそばにキレイな流れが、涼やかな音を立てて流れている。その流れ沿いにミソカワソウやトリカブトが群れて咲いている。

下山完了まであとわずか。思った以上によく歩けて、およそ無事に下山ができそうだ。
ミソガワソウを撮りながら、胸は幸福感で満たされていた。



花期は7月から8月



記:2009-08-29