道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
セリバヒエンソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2015/05/17
撮影場所 奥多摩むかし道 
学名 DELPHINIUM Anthriscifolium hance 
科目・属 キンポウゲ科オオヒエンソウ属 
季節 春 
生育地 草原や林間の陽地に生える1年草 
分布 原産地中国。明治時代中国から渡来。逸出帰化 

逃げるが勝ちなの?!

2015年5月17日、高校時代の同級生たちと奥多摩むかし道にハイキングに出かけた。遊歩道の脇の草むらに爽やかな水色のこの花をたくさん見かけた。

中国から明治時代に観賞用に渡来したとされる外来種で、東京都、埼玉県、神奈川県に記録があり、個体数は増加傾向にあるのだとか。
2002年15刷山渓ハンディ図鑑1「野に咲く花」には記載がなく、平凡社「日本の帰化植物」2003年初版第1刷でみつかった。

特筆すべきは、まずは「分布欄」で、一体「逸出帰化」って何?!「日本の帰化植物」の解説をつまびらかに目を通す。

その前に、帰化植物の定義を知らねばね〜
同書によれば、帰化植物とは1)人間の活動によって2)外国から日本に持ち込まれ3)日本で野生化した植物。
ということで、1)、2)は意識的運搬、無意識的運搬の双方を言う。自然状態、野生状態で生育し、さらに世代を重ね、野生化したのを帰化植物というのだとか。

では逸出植物とは?!
逸出とは、すなわち「逃げ出した」ということで、つまり観賞用、栽培用に、言えば輸入されたものが、種が飛んだりして(逃げ出して)適応環境で野生化したのを逸出帰化植物というと。

ちょっと怖くなった。
園芸店に行ってみると、ものすごい種類の輸入種を毎年毎年見かける。それらが逃げ出さないとは言い難く、中に適応力旺盛なものは拡散した場で繁殖域を広げて行って、在来和種を締め出してしまわないと言い切れない。

あああ、ため息が出る。
単純に「かわいいね〜」と言っていたい気もするんだがね〜
なんだか、悲しくなった。



記:2015-05-27