道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(27)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ヤマユリ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2015/07/12
撮影場所 城山から高尾山に至る山道 
学名 LILIACEAE Lilium auratum 
科目・属 ユリ科ユリ属 
季節 夏 
生育地 山野に広く自生 
分布 本州(中部地方以北) 

花の香でいっぱい!?

山道に覆いかぶさるように、背高の茎をたわませて大輪の花をつけていた。

梅雨の晴れ間に陣馬から高尾まで歩いた際、城山を過ぎたあたりで見つけた。
草花が少なくなる時候ということもあり、文字通り山歩きに花を添える、山の神から山行き人への贈り物に違いなかった。

夢中で撮っていたら、行く人々もまた歩を止めて「なんていう花ですか?」と同じようにカメラを引っ張り出す。花を真ん中に小さな人の輪ができる。

陣馬からそこ辺りまででは初めて見かけたヤマユリだったが、高尾について驚いた。そこここにヤマユりをたくさん見かけた。しかもどれも飛び切りよく育っていて、背が伸びるだけ伸びて、その先に大輪の花を二つも三つもつけるものだから、重みで茎が今にも折れんばかりに大きくたわんでいる。
中には道にかぶさるように傾いているから、注意して歩かないといけない。葯を満たしている花粉が着るものにつくと、まあ、まず洗っても何しても落ちない。

が、高尾山頂を下り始めてより既に、花より団子モードに突入してしまっているから、芳しい花の香を楽しむのもそこそこに足は道を急ぐ。一路、高尾山名物BeerMountへ!

花期は7〜8月



記:2015-07-21