道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2018年(27)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
バイケイソウ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2015/07/27
撮影場所 瑞牆山マルチピッチ「調和の幻想」アプローチ道 
学名 LILIACEAE Veratrum grandiflorum 
科目・属 ユリ科ショロソウ属  
季節 夏 
生育地 山地の林内や湿った草原などに生える多年草  
分布 北海道、本州(中部地方以北) 

日焼け止めは落とさないよッと!!

2015年7月27日に瑞牆山「調和の幻想」マルチピッチクライミングにでかけた。ヒーヒーフーフーのハードクライミングを終えてのアプローチ下山道で見つけた。

往路でなぜ目に留まらなかったのかが不思議なくらい美しい咲き姿だ。昼なお薄暗い針葉樹林下に、よく見ればシダ類に交じって相当数株が認められる。そのほとんどがまだ固いツボミかまだ花枝さえ伸ばしていないのに、ぽっかり空いたようにそこだけ木漏れ日が差し込むところに、まるでスポットライトを浴びているように早咲きしてる。もし一人で歩いていたなら、間違いなく、しばらく佇んで眺めていたいバイケイソウ神秘シーンだ。

疲れ果て、体中に乳酸が溜まってしまって、下山でさえチャッチャと歩けないところへ以てきて、止まって写真を撮ったりするもんだから、当然ながら先を行く篠原ガイドの姿が見えなくなってしまった。そうすると、ちょっと不安になってきて、転がり落ちるように急いで歩いた。

やっとこさっとこ追いついてみると、篠原ガイドは靴とクツシタを脱いで小さなせせらぎに足を浸していた。
「気持ちいいですよ」「暑くて蒸れた足には最高です」

私も流れに手を浸けてみた。とびきり冷たくていい気持ち!首筋にも水をつけた。暑くて死にそうだったから、生き返る心地だ。顔も洗いたかったが…

日焼け止めクリームが取れちゃうから顔は洗わないよ〜ッと!

花期は6月から8月



記:2015-08-05