道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2017年(6)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
ハクサンチドリ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2016/07/17
撮影場所 燕山荘・長野県安曇野市から大天井ヒュッテ・長野県大町市への登山道 
学名 ORCHIDACEAE Orchis aristata 
科目・属 ラン科ハクサンチドリ属 
季節 夏 
生育地 亜高山から高山帯の草地 
分布 北海道、本州(中部地方以北) 

涙を溜めたチドリさん

2016年7月17日、18日、通称表銀座と呼ばれている稜線を歩いた。

初日、中房から燕山荘、大天井ヒュッテへ。
歩き始めて1時間経つかのうちにパラパラと来た雨が、たちまち本降りになり終日雨の中を歩くことになった。
燕山荘で一休みして、ヒュッテに向かうべく稜線へ出た途端、烈風に襲われる。ピンポイント天気予報だとギリチョンで大丈夫なはずだったが、山の天気は変わりやすいのだ。
中から、外からびちょびちょ、おまけに強風ですこぶる不快だ。我慢するしかない。

ずっと進行方向右手が谷で歩いていたのが、左手谷に回り込んだら、急に風が収まった。山斜面が防風堤になったのだ。おまけに雨までついと上がり、雲の隙間から晴れ間まで覗いている。

もちろん、そこで休憩。ザックを置いた山斜面にハクサンチドリがたくさん咲いていた。どれも雨滴を溜めて幾分しにゃッとしてはいるが、愛らしい花姿だ。

休憩後歩き出したら、いくらも行かないうちにまた降り出した。山斜面が切れると風にも当てられる。

「雨の表銀ぶらもいいでしょう?」
なんて友は言うが、天気予報が怪しい時は、「絶対!行かないぞ」と心に決めた。
まあ、行ったからこそハクサンチドリに再会したんだが…

花期は6月から8月
前出は2008年7月
http://www.asobist.com/plant/entry.php?eid=333




記:2016-08-01