道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
RAOSラオス2017-05


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2017/11/26
撮影場所 グリーンクライマーズホーム・ラオス 
学名 --- 
科目・属 --- 
季節 夏 
生育地 --- 
分布 --- 

気分は上々!

グリーンクライマーズホーム:Thakhekのday5。最初はその名もHangover!エリア。
6a+がデケン!重いのよ自分が!2手目でギブ。行ければめっちゃアドベンチャラスで面白いルートなだけに残念至極だが、重い私が悪い!!

巨大なルーフが覆いかぶさらんばかりに広がっている。6cから7a、7bがオンパレード。男性陣二人の奮闘ぶりは一見に値する。他パーティーのRPチャレンジにも思わず「ガンバッ!!!」

そしてPartymeilエリアに移動。ここもハイグレード!5cを1本だけ、ようやくトップアウトしただけで、あとは観戦あるのみ。
と…
観戦している足場から少し首を巡らして岩の下を覗いたら、何やら小さき花が!降りて行って近くで見たらこれである!なんて素晴らしい色調とデザイン!花びらの透け感も儚さ、危う気な気風を醸し出していてステキだ。

翌日も朝一で同ルートのRP狙いを観戦。落ち着いて辺りを見渡したら、素晴らしいロケーションに一株みつけた。価値ある1枚が撮れた。よくよく見れば、まあるいスカートのような葉を何枚も貫き通すように茎が伸び、先端の葉を貫いて花茎が出ている。凝った造作だということがこのズーム画像でわかった。美しい花に目を奪われて、とかく見落としがちな全草の観察。実はそこにこそ天の精緻が込められているに違いないだろう。
どこどこが登れなくて腐っていても、こんなのにお会いできれば気分は上々なんである。

*ラオスは日本とは植物生息気候区分帯を異にしているため、手持ちの資料では同定が難しい。さらに、よしんば酷似した種を探し得たとしても、同定の根拠が定かとは言い難い。よってRAOS2017-01からの通し番号とする。(撮影順)






記:2017-12-29