道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2019年(20)
2018年(28)
2017年(12)
2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
キバナアキギリ


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2019/09/23
撮影場所 奥多摩、御岳山 
学名 LAMIACEAE Salvia nipponica 
科目・属 シソ目シソ科アキギリ属 
季節 秋 
生育地 山地の木陰 
分布 本州、四国、九州 

キバナアキギリ年!!!

日出山北尾根を詰め御岳山に向かって歩いていたらキバナアキギリに出会った。いつだったか、ずい分前に御岳山裏山道を歩いていた時にこの花と出会った記憶があるから、今回は時期からいって会えるのではないかと期待していた。

日出山山頂から下って行って、緩いたわみに差し掛かった時にツリフネソウの群落に出会った。取り終わって歩き出したら林下の山道脇に黄色い花を認め、すぐにキバナアキギリと感じた。日出山では見かけなかったが、おそらく歩いていた辺りは既に御岳山山域だったのではないだろうか。
その後もなんどもキバナアキギリに出会い、最後にはケーブルの昇降口のすぐにある登山案内の立て看板の足元にわんさか咲いていた。

それから、しばらくの後近隣の里山を歩いていてキバナアキギリに会った。20日以上が経過しており、おそらく御岳のアキギリは花期を終えているのではないかと推測された。低山といえども標高差が植生に及ぼすのを実感する。

池のほとりにたくさん咲いていた。そっと歩かないとズブズブ足がめりこんでいくほどの湿地。キバナアキギリは水分を好むのだろう、どの株も大層立派に育っていた。

1シーズンに時を経て2度も遭遇した。今年はキバナアキギリ年だ!
というわけでクローズ画像は御岳山を、引いた画像は近隣の里山のを使用した。


花期は8月から10月




記:2019-10-16