道ばたに咲いている花の名前。誰が運んだ見知らぬ樹木の芽 植物の疑問・質問・不思議探訪

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア

おもいでリストにエントリー確実、公開前の話題の映画。

最近の映画記事はこちら

旅塾



2016年(23)
2015年(16)
2014年(18)
2013年(26)
2012年(16)
2011年(13)
2010年(8)
2009年(17)
2008年(61)
2007年(36)
2006年(17)
2005年(49)
2004年(56)
2003年(53)
2002年(36)
シュンラン


画像をクリックするとズームできます

撮影年月日 2004/03/23
撮影場所 横浜市青葉区 
学名 Cymbidium goeringii 
科目・属 ラン科シュンラン属 
季節 春 
生育地 山地、丘陵 
分布 北(奥尻島)、本、四、九 

親不孝…

一昨年の春、オードリーさんと鎌倉に桜を見に行った帰り、「段蔓の桜」の桜並木の前の花屋さんで鉢植えをみつけ、大喜びで4鉢も買い込んだはいいが、電車に乗って持って帰るのに往生した。

昨年の春はショボショボと一輪、二輪咲いただけだったが、今年はかなり立派なのがいくつも咲いた。

中学、高校生の頃、友だち連れでハイキングといえば、沿線の高尾山や陣場高原、その周辺の山々にでかけた。シュンランなどどこにでもお目にかかれるものと思っていた。

もう長いこと、野生のシュンランを見ていない。


そう言えば父とも何度か出かけた。

実家の庭のシュンランは、恐らく株を大きくし、あちこちに増えて立派な花をつけているに違いない。

持って帰り(ほんとはいけません)喜んで植え付けた当の父は、今は有料ホームで、日々ボンヤリと暮らし、シュンランのことなど覚えてはいるまい。

花の名を覚える楽しみを私に伝えた母もまた、なんだか夜叉のように変わり、シュンランには目がいくまいて。


ホームや実家にはなかなか足が向かないが、高尾山にはもう一度行ってみたいと思う。


親不孝と責めるなかれ。

記:2006-10-23