BigUp

グルメお届け人にQ10!

bigup_3_top.jpg


毎回毎回、登場テーマに沿ったみなさまに「10の質問」をぶつけていく『BigUp』。新装開店の3回目は花見シーズンということで、花は見つつも食べ物も欲張りたいみなさまへ幸せをお届けする5名様が登場いたします。はいどうぞ!


Bigup_03A.jpg

1・柳田和明、横浜の本牧で寿司屋をやっております49歳です。

最初の登場は横浜の本牧で寿司屋『本牧 やなぎ田』のご主人がご登場。横浜でも有数の桜の名所が近くにある、カウンターのみの隠れ家系寿司屋でございます。

2・寿司屋としては26年、独立して本牧14年ですね。  3・お酒を飲みながらお客さんと盛り上がってお金をもらえるから(笑)。  4・自分の子供に食べさせられない危ない物は売らない。これ結構難しいんですよ、はい。  5・チキンカレー(キッパリ)。…………え、おかしい? いや、お寿司は当たり前でしょ(笑)。チキンカレーはたまたま作ったのを出したら評判がよくてね。いつもあるわけじゃないですが、50人前くらい注文が入ってお届け……なんてこともしますよ。  6 ・北海道で流氷が去ってから、網走で上がる一本釣りのキンキ。それの自家製一夜干しですね。  7・横浜の井土ヶ谷にある『清水苑』という焼肉屋。  8・『つや姫』って山形のお米。これ、どんな釜で焚いてもビックリするほどおいしい。一度もらって食べて、すぐ取り寄せにかかったら、新米の時期だけしかないって言われてガッカリ(笑)。  9・さんざんお店で喋っていたお客さん、3回目の来店まで有名アーティストと気が付かなくてビックリしたこと、かな。  10・こんなときこそドンドンお金を使って、ガンガン働いて、ジャンジャン納税しましょう!!


『本牧 やなぎ田』
神奈川県横浜市中区本牧三之谷
月曜日定休


Bigup_03_B.jpg

1・古閑信宏、旅行会社&飲食店経営。  2・旅行業16年、飲食業で8年、『TRAVEL CAFE BLISS』で12年目(そのうち中目黒で2年目)。  3・旅を通じてのコミュニティを作るため。  4・人と人とのつながり。  5・旅への思いや楽しみ方の共有  6・目黒川のさくらが咲く時期ですので、さくらの時期限定メニューがおすすめ。  7・麺もののお店、ですね。  8・ポルトガルの地酒のポートワイン。  9・旅から帰って来た人のお土産。 10・旅をするための航空券を手配するだけではなく、その人の旅の思いや旅歴を考えながら一緒に旅を作る旅行会社です。

『TRAVEL CAFE BLISS』
東京都目黒区青葉台1-17-2 青葉台117ビル1F
12:00〜24:00 火曜休(イベント&パーティやお盆・正月休みなどの臨時休業あり。カレンダーにてご確認お願い致します)

HP:http://www.bliss2001.com
◎●◎ お店の詳細はコチラ http://www.asobist.com/news/20110405news-a.php

Bigup_03_B-a.jpg







●桜のロールケーキ●

パウダー状にしたさくらの葉と塩漬けの花びらをクリームに混ぜ込んだ春の香りいっぱいのロールケーキです。
ケーキセット950円(さくらの咲いてる期間限定)
 


Bigup_03_C.jpg

1・高橋淳志(たかはしあつし)、41歳のケーキ屋さん。 2・製菓学校卒業後、ちょっとブラブラした後、チョコレートメーカー勤務。退職後に今のお店を開店。14年目です。 3・ケーキ好きをこじらして。4・(I can't get no)Satisfaction. 5・イラスト入りデコレーションケーキ 6・焼き菓子なんかをお散歩のお供にしていただけると嬉しいです。 7・本屋、CD屋、ホームセンター。 8・福島県産の川中島白桃。 9・お客様に喜んでいただくひとつひとつがいちいち嬉しい。 10・おかしなおかしやおいしいよ!


『パティスリープウポン』
東京都目黒区目黒本町3−20−11
10:00〜19:30 月曜休(祝日の場合翌日)
ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/aaaaaats

◎●◎ お店の詳細はコチラ http://www.asobist.com/news/20110405news-b.php

Bigup_03_C-a.jpg






●イラスト入りデコレーションケーキ●


写真などからイラスト、似顔絵ケーキを作ります!
誕生日などに大評判です!!
 


Bigup_03_D.jpg

1・岐阜県出身の農人芳夫。埼玉県で和食のお任せ料理屋をやってます。静かにやってますので、場所とかはご勘弁ください。写真? 滅相もないよ、ははは。

セルフでお酒を持ち出すと、あとは和食が大将のお任せで出てきます。肉もあれば魚の場合もあるこのお店、店名は『た○×▲』です、いちおう。ちなみにこの日はカレイの煮付けでした。

2・43年、このお店で16年……目になりますね、今年の6月で。3・岐阜から集団就職で東京に出て、最初は工場。そのあと、日本橋で料理屋に潜り込んだ(笑)。ごはんが食べられるからってのが最初の理由になるね。 4・同じ時期に来たお客さんに同じ物はできるだけ出さないようにと思います。新しい人がそんなに来るわけではないけれど、その場合には「また来たい」の前に、まず印象に残るように頑張る気持ちでいます。 5・料理はお任せで出してしまいますからね。選択肢があるお酒をオススメにしておきます。 6・入ればになってしまいますが、キンキがおいしいと思います。 7・よくお客さんに笑われるんだけど、和風の料理しか作らないからか、中華とかラーメンとかスパゲティの店とかに行きたくなります。ははは。 8・パッと浮かぶとしたら大間のマグロ、とかですかね。もらったらお客さんにも安く出せますけど、買ったらお会計にも……ね。 9・そうですねえ……お客さん、こういうお店だから、最初に連れられて来たときとかは緊張されてしまって。だから、また来てくれたときがいつも嬉しい思い出ですね。 10・お店を探すというより、知っているお客さんを見つけてください。ははは。

埼玉県○○○○市
不定休


Bigup_03_E1.jpg

1・野毛にあります大分の鳥料理とお酒のお店、『如水』です。高野由美です。年齢は? いやいや、いいですよ(笑)。39歳です。

大分といえば最近は関アジに関サバなどの海産物から、唐揚げ専門店が日本でいちばん多いことでがつとに有名な食どころ。そんな大分の名産が楽しめる注目店が大トリ(鶏?)に登場!

2・飲食業はアルバイトくらいはしてましたけれど、実質的にはこのお店の1年4カ月ですね。 3・もともと大分出身ではあるんですけれどもね。えーっと……兄が地元・大分のお店を出したいということで、それに乗っかりました。そんな理由で志しもなにも(笑)。でも人が集まる場所は好きなのでやりがいは◎。いろいろ繋がっていく感じとか、とても面白いですね。 4・いい時間作り、ということで。 5・大分の耶馬渓鶏を使った唐揚げ、鶏刺し、水炊き……あ、ひとつですよね。どうしましょうか……お客さんA「唐揚げだよねえ」、お客さんB「鶏刺しじゃないの」、お客さんC「砂ずりの唐揚げ、とか」、お客さんD「冬の水炊き」……(……えーっと、まとまらないのでみなさんお店でお確かめください)。 6・春というよりいまだからこそなのですが、東北の日本酒を飲もう!キャンペーンをやってます。それと、平日のお昼にお弁当も始めたので、弁当持って大岡川の桜見などいかがでしょうか。 7・タバコが吸えて、ボンヤリできて、朝から開いている、コーヒーショップ。コーヒー屋かよって(笑)。でも、これがなかなかないんですよ。 8・そうですねえ……いや、実は私、おいしい食事とかお酒は好きなんですけれど、これが欲しい! とかいう絶対的な執着とかなくて。正直、思い浮かばないナー……(笑)。自分用ではなくて、お店で出すものでもいい? うーん、「耶馬渓鶏を養鶏場ごと」なんて言ったらお店は助かりますけれど。んーっ、希望としては、“希望”の意味も込めて東北のお酒、ですね。 9・お店開けてましたら、一見の一人客がやってきまして、いろいろ絡んできたんですよ。で、なんか「隣で飲め」云々するので、ドーンとボトルを横に置いて「そういう店じゃありませんからっ!」ってタンカを切ったんですが、よくよく見ると全身に絵が描いてある人だったという……ははは、そんな思い出。 10・いろいろと一緒に盛り上げていきましょ&私のツンデレサービスにもご注目を。



『大分の鳥料理とお酒 如水』
神奈川県横浜市中区野毛町1-5 港興産ビル1F
17:00〜24:00(月〜土)、16:30〜24:00(日) 木曜日定休
HP(ぐるナビ):http://r.gnavi.co.jp/ga17400/


 

Bigup_03_E-a.jpg










あなたはこれがいちばんのオススメ?
耶馬渓鶏の唐揚げ











読み物 BigUp   記:  2011 / 04 / 06

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】インフィニティ・プール

スランプに陥った作家が、リゾート地…

旅塾

▲このページのトップへ