BigUp

イベントだレジャーだGWだ!なQ5!!

bigup20130426.jpg

公開初日の今日は何月何日ですか? 4月26日の金曜日?? おいおい、ことによっちゃあ明日から10連休なんて人もいるんじゃないですか??? そう、そんな“黄金週間”、10連休はなくとも3連休に4連休などちょっとしたお休みの人、多いのでしょうね。そんな時期にはやはり表に出ていろんなイベント事に参加したりしてみましょうか。今回はそんなイベントやレジャーに関係する人集合なQ5!

bigup20130426_01_prof.jpg

1.奥田章 40歳 陶芸家(京都造形芸術大学非常勤講師、岡山県立大学非常勤講師も兼任)
2.私が陶芸家になる以前から、「作家市」という名前で国道307号沿いの空き地で20人ぐらいの作家が集まってゴールデンウィークに即売イベントをしていました。14年前にそのグループに入れてもらいました。
同じようにしている作家のグループがもう1組ありました(“やけもの市”というグループです)。私たちの「作家市」のおかげで開催中は交通渋滞がひどく、度々苦情や警察からの注意を受けていました。そこで、出展者一同でもっと良い場所はないものかと思案していました。
そんな折、「作家市」の幹事の当番が私に回ってきて、「陶芸の森」で開催できるように交渉を重ねた結果、7年前にやっと許可をいただきました。信楽にはたくさんの小売店があり、ゴールデンウィークには信楽駅前陶器市(これは小売店だけの集まりのイベント)もされているなど、様々なしがらみもあってなかなか陶芸の森に移す事ができませんでした。ですが、いざ陶芸の森に移ったことで、“旧作家市グループ”、“やけもの市グループ”、そしてその他の作家さんとで、現在の「信楽作家市」がスタートすることになりました。
ちなみに、他に幹事をしてくれる方がいないので、私がそれからずっと幹事をしています……
3.会を重ねるごとに認知度も上がってきて、お客さんの来場が増えていることです(出展者も年々増えてます)
4.この質問は答えるのが大変難しいですが、世界の名だたる陶芸家を招いて、サミットやワークショップを開催できたら、現代の作家にとって大いなる知識とスキルアップができると思います。個人的にはルーシー・リーさんに会いたいです

bigup20130426_02.jpg

5.今回の「信楽作家市」は過去最高の144名もの作家が出展します。ベテランから駆け出しの作家まで、一堂に会して展示即売するなんて、私もわくわくしています。あとは期間中天候に恵まれ、いっさい無事故で終了してほしいと願うばかりです
 

第7回 信楽 作家市
陶芸の森 太陽の広場
2013年5月2日(木)〜5日(日)
open AM 9:00 〜 close PM 5:00

陶芸の森
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
TEL 0748-83-0909 FAX 0748-83-1193
http://www.sccp.jp/


bigup2013330426_01.jpg

bigup20130426_02_prof.jpg

1.佐々木誠、37歳、映画監督/映像ディレクター
2.視覚障害者ネットワーク「View―Net 神奈川」の代表、新城直さんから『視覚障害者の立場から映画を作りたい』という依頼を受けて。
「かわいそう系」とか「元気が出た系」の泣ける障害者映画にはしたくないということで新城さんと意見が一致したので、「生まれつき目が見えない加藤秀幸が、一流の映像スタッフにアドバイスを受けながらSFアクション映画を制作する」過程を追った異色の障害者ドキュメントになりました
3.企画・撮影前に、企画者の新城さんと親睦を深めるために、二人で箱根に温泉旅行しました。ほとんど面識もないおっさん同士の旅行はキツいかなーと思いましたが、楽しかったです。なにより僕が視覚障害についていろいろ感じることができました。二人で箱根の彫刻の森美術館に行ったときに、新城さんに「目の前にあるピカソの絵について教えてくれ」と言われて、ピカソの絵をどうやって目が見えない人に解説するか? とか。かなり難問だったけど、正解はないのでそれを自分なりに考えて伝えることが大事なんだな、と。
あと、主人公で、生まれつき目が見えない加藤君が「健常者と喧嘩する時に相手の目を潰してからやると楽に勝てる」と聞いた時は爆笑しながらもなるほど〜と思いました
4.目が見えてなくても見えていても映画は楽しめるし、映画も作れる、といったことも感じられ、当たり前だった価値観なんてモノはちょっとしたキッカケで吹っ飛びます。そういう体験がしたい方におすすめです。あと作中で『アバター』のためにジェームズ・キャメロン監督が開発したヴァーチャルカメラなど最新鋭の映像制作機器を使用したり、シナリオ執筆からはじまり、CG制作などを『ブラックジャック』のシナリオライター、『バイオハザード6』のシネマティックディレクターなどが登場し描かれるので、映像制作やモノを作ることに興味がある人はかなり面白いと思います。と……そんなふうに楽しんでくれる人と一緒に観たいですね

bigup20130426_02_02.jpg

5.『INNERVISION インナーヴィジョン』は5月4日(土)から渋谷アップリンクにて公開いたします。毎日、豪華ゲストをお呼びして上映後トークイベントもおこないますの。ご興味ある方はぜひご来場、お待ちしております!!
 

INNERVISION インナーヴィジョン
5月4日(土)から渋谷アップリンクにて公開
「生まれついての視覚障害者はSFアクション映画を作れるか?」
といったテーマを描いたドキュメンタリーです。
5/4(土)〜5/17(金) 連日21:00スタート
5/11(土)・5/12(日)のみ14:00の回もあります
http://www.uplink.co.jp/movie/2013/8295
◆予告編
http://www.youtube.com/watch?v=qgwc-zmToao

bigup20130426_02_03.jpg

bigup20130426_03_prof.jpg

1.ヒキノトオル(スイーツプランナー/甘党男子主宰)37歳
2.スイーツとお酒という組み合わせは、日本ではまだまだ浸透しておらず、これから伸びる可能性があるジャンルだと思いました。
ちょうど同じ事を考えていた実行委員長から相談を受け、実行委員に参加しました。自分としては、こうした「スイーツとお酒のマリアージュ」や「スイーツ」が文化として日本に根付いて行けばと思っているので、そのためにイベントをはじめ、様々な企画を考えられればと思っています
3.イベントはもともと好きなので遊びにも行きますし、企画もします。特に僕がよく企画しているスイーツ交流会は、"スイーツが好き"という共通点があるだけで、年齢も職業も地域もバラバラのメンバーたちが意気投合して盛り上がるので、やってて良かったなぁと思います。そもそも、男性のスイーツ好きが自分の周りにあまりおらず、仲間探しをするために「甘党男子」を立ち上げ、スイーツ交流会をやっておりましたので。みんなで盛り上がれるのは本当に嬉しいことです
4.特に「誰」というのはありませんが、世界中の人々に訪れていただき楽しんでほしいです。日本のスイーツは本当に美味しいと思うし、見た目も繊細で美しいものが多いので、そのすばらしさを世界の人に伝えたい

bigup20130426_03_03.jpg

5.自分が関わっているイベントですが、「スイーツマリアージュin東京 2013」がおすすめです。
5月3日(金)・4日(土)に、ホテル椿山荘東京で開催されるスイーツとお酒を楽しむイベントです。
有名店のスイーツが50種類程勢揃いし、お客さんには、その中から3種類を選んで、お席で味わっていただきます。いっしょに楽しむお酒もご用意しております(ノンアルコールドリンクもあり)。とにかく、これだけの一流スイーツが揃う機会は滅多に無いので、ぜひこの機会に味わってみてほしいです。

スイーツマリアージュin東京 2013
場所ホテル椿山荘東京
5月3日(金)・4日(土)
第一部 11:00〜13:00 第二部 15:00〜17:00 第三部 19:00〜21:00
http://sweets-mariage.com/


bigup20130426_03_01.jpg

bigup20130426_04_prof.jpg

1.4月27、28日に「野毛大道芸」を開催する野毛にて営業中の『American Bar BASIL』の中谷宏志(こうじ)、37歳です。約3年前になるここの開店当初は店長でしたが、いまは野毛に6店舗あります『BASIL』を統括するマネージャーとして、スタッフとしてだけでなく各店を巡回という名で飲んでいる姿もおなじみ、だそうです(笑)。大道芸のときはビールとホットドッグを店先で販売しておりますよ
2.『BASIL』は1号店の“イタリアン”がオープンしたのが6年前でして、大道芸ではその年の秋から店頭販売をやっていますね。当時は天板で焼いたピザのピース売りやワイン、ビールを販売していました。もちろんいまも大道芸のときは1号店でも店頭販売、いろいろとやっていますよ
3.野毛は目の前に中央競馬の場外馬券売り場があり、春の大道芸のときはたいていGIレースの週です。それで以前、エラい大穴を予想して、どこかお客さんが途切れたところで馬券を買いに行こうと思ったら、そんなヒマがなくて買えなかったんですよ。まあエラい穴ですから、どうせ来ない大丈夫だむしろ儲かったと考えていたら……もうみなまで言う必要、ないですね(笑)。まあおかげさまでそのときは大繁盛でした。悲しい思い出? 違う、お店にとっていい思い出じゃないですか、まったく(笑)
4.さすがに大道芸のときは休みってないんですよね。なのでプライベートで大道芸を見て回りたいですね、まだ見ぬ未来の嫁と(笑)
5.「野毛大道芸」は世界クラスの大道芸人が一同に介する、野毛エリアでも重要で盛大なイベントです。みなさんお誘い合わせの上、野毛までお運びください。ちなみにここ“アメバジ”は大道芸の会期中、野毛本通りにある『BASIL』の4号店『Cafe BASIL』前に出張してビールとホットドッグを販売しております。『Cafe』ではコーヒーやスイーツも楽しめますし、エリア内にもイタリアン、琉球(沖縄)といろいろな『BASIL』があります。伝統の大道芸とともに、私どものお店も楽しみに来てください

American Bar BASIL
神奈川県横浜市中区野毛町2-68-1
TEL 045-231-5848
営業時間 17:00〜03:00 年中無休(年末年始を除く)


bigup20130426_04_01.jpg

bigup20130426_05_prof.jpg

1.昨年3月に野毛界隈の動物園通りにオープンしました焼鳥の『鳥健』店主、大村健一47歳です。4月27、28日の「野毛大道芸」では店頭で飲み物に焼き鳥、唐揚げなどを販売します。観覧のお供にどうぞ
2.普段は夕方からの営業ですが、昨年4月と10月の大道芸の際に“大道芸”営業をしました。なので今回はキャリア1年の3回目ですね
3.そうですね……過去2回の大道芸のときは、お店の前に椅子やテーブルを出して、焼き鳥なんかは店内で焼いて出していたんですね。なので、お客さんは外、私は店内で調理となると、お出しするまでに間が持たなくて(笑)。そんなわけで今年は焼きも外でやろうと、小型の焼き台を買ってしまいました。みなさんお待ちしております
4.いささか普通なんですが孫と大道芸を回りたいですね。6歳と2歳の孫がいるのですが、住まいが横浜ではないのでなかなか機会がないのですよ。それで孫、しかも上が6歳とは若い? いやいやいや(笑)
5.27、28日は大道芸が始まる11時から飲み物が生ビールとラムネ、おつまみに鶏の唐揚げと焼き鳥がねぎま、皮、うずらの3種類をお出しします。そちら片手に大道芸を見つつ、野毛の散策をなさってください。夜の街の印象がありますが、また違った野毛の一面が垣間見られるかと思います。あ、28日は定休日ですが、27日は大道芸後は『鳥健』通常営業です。昼は店前で、そして夜は腰を据えてお待ちしております(ニッコリ)

鳥健
神奈川県横浜市中区花咲町2-62-16
TEL 045-654-8124
営業時間 17:00〜23:30 年中無休


bigup20130426_05_01.jpg


bigup20130426_05_03.jpg

第39回野毛大道芸
2013年4月27、28日横浜市中区・野毛地区一帯
11:00〜16:00 小雨決行
http://www.noge-net.com/daidogei.htm

 



 

 











読み物 BigUp   記:  2013 / 04 / 26

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

なぜ人類ではなく、猿がこの惑…

旅塾

▲このページのトップへ