勝手に読書録

女ざかりの痛み

010.jpg

作者名:森 瑶子
ジャンル:エッセイ
出版:集英社文庫

女ざかりの痛み(集英社文庫)


なんともはや、正直なエッセイ集である。
「家にいたい女」も「仕事したい女」も必読の書かもしれない。

なぜなら、最後一枚の皮まで剥いだ女の中身は、多少の個別な差異はあるにせよ、そんなには違わないはずだから、心底共感できるにちがいない。

艶歌の詩の文句じゃないが「女は泣きながら大きくなる」を実感する。
およそ先進国と呼ばれる社会では、女は同様の問題を抱えているのだろう。
しかしながら女が生き難いなら、男だってほんとうは同じなのだ。
ただそれに反応するセンサーがちょいと違ってはいるかもしれない。
あるいはロックがかかっていたりもする。
女の痛みを綴った個的な文章でありながら、対岸の男の痛みも書き分ける。ただし女のフィルターを通して。

セラピーのセッションについてのくだりがまた、興味深い。

男と女があって、子が存在し、子が存在して親が成立する。
あたり前といえばあたり前だが、いかにその相互関係が子の中に映し出されているか、いまさらながら慄然とする。

一つの家庭が象徴する心模様は、特殊に見えてその実、どの家庭にも等しく内包する、世代から世代へ受け継がれる避けがたい荷送りを浮き彫りにする。

深刻ではあるが、同時に回復もあるという希望も広げて見せてくれる。

これは「夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場」「叫ぶ私」と並び、森作品を読みこなす上で欠かせないキーであり、男も必読の書でもある。












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ