勝手に読書録

阿弥陀堂だより

053.jpg

作者名:南木 佳士
ジャンル:小説
出版:文春文庫

阿弥陀堂だより(文春文庫)


懐かしさで満たされる。
日本の原風景の中で「和」な「死」が語られる。
人間、このように生き、このように逝けたら、どんなにいいだろう。四季折々の恵み拠り生かされるを魂が識り、自然の一部として悠々と生き、季節が替わるように「死」を受け容れ、風に雲がなびいて散るように逝く。
メメント・モリなど大袈裟にいうことすら「お恥ずかしい」と思えてくる。光と影、生と死など二律背反ではなく、「隣の部屋のドアを開けて入るようなものだ」というような意味づけをするでもなく、それはもう「死」さえ抱きかかえる「生」がそこにはある。
「死」さえ懐かしい。

ゼーハー・ゼーハー喘ぎ、喘ぎ山道を行き、ようやっと登りつめた山頂で目にした山々の光景のように新しく、胸に迫る感動に満たされ、汗ばんだ首筋に当る風のように爽やかで有り難く、目を閉じてまぶたに感じる陽光のように間近で優しい。












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ