勝手に読書録

知りたがりやの猫

055.jpg

作者名:林 真理子
ジャンル:小説
出版:新潮文庫

知りたがりやの猫(新潮文庫)


世の殿方・男性諸氏。
「あら〜いや〜ん」
しどけなく愛らしい甘えの裏で「バッカめ」と舌を出す存在のことをよもやお忘れ召さるなかれ。
様々な形の恋愛話・短編11編。見栄っ張り、嘘つき、そのくせコロッとだまされたり。故に女は愛しく哀しく…ってな「女」の手の内をつまびらかにしてみせる。女の視点でとらえた「女」の像。
お勉強になりますぞ。

権謀術策、かけひきの綾の中で絡んだ糸をどう有利に手繰り寄せるか。こと色恋に限らず、そればかりに心を労すると、結局、挙句には失うものも計り知れない。とは逆説的なメタファーでしょうか。

ここに登場し得なかった範疇の「女」の群像も気にはなるが、案外「一部は全て」なのだろう。

所詮色恋はDNAのなせる業とはいえ、ひょっとすると最も「お育ち」が如実に反映される哀しいものなのかもしれない。なにせ業深き者どものこすりあいなのですもんね。

でも、やっぱり、もうちょっとオトコマエの女もいいと思うけどね〜












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ