勝手に読書録

残虐記

059.jpg

作者名:桐野 夏生
ジャンル:小説
出版:新潮文庫

残虐記(新潮文庫)


小気味いいスピード感、チャーミングな舞台設定のミステリーといった桐野作品に対する既成概念を捨てなければならない。

空恐ろしい作品。読み終えて、ブツブツと鳥肌立った皮膚が治まるのに時間を要す。何かの折、ふと作品中のシーンを妄想していることに気づき、またゾワゾワ逆毛立つ。

特殊な状況設定、緻密な構成や鋭い分析に導き出されるリアリティーが故ばかりではない。何よりも内側に眠っていたものとのダブルイメージに恐怖する。

作品中にくり広げられた妄想界に無数に埋め込まれた「あらぬ」ものは、気がつけば読む側の意識の壁を突き破り、潜在下のドブをかき回す。封印されることで「平静」を保っていた「ドブ」が発酵を始め悪臭を放つ。その悪臭に身の毛がよだつのだ。

「ミステリー」であるとかないとか、そんなことはなんの問題にもならない。虚構が虚構を超え、真実をも突き抜け、読む側の「病み」と「闇」の封印をもこじ開けてしまう。これほど怖いことはない。

なぜなら、何が怖いかって、「己」が最も恐ろしい。「己」を最も知っている「己」にこそ心底恐怖するのだ。

もう、ダメ!
ショック!!!












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ