勝手に読書録

サウスバウンド

060.jpg

作者名:奥田 英朗
ジャンル:小説
出版:角川文庫

サウスバウンド(上)
サウスバウンド(下)


まあ、面白いから読んでみて!

あっという間に上下巻を読み通してしまう。
2006年度の本屋大賞第2位ランキングだけのことはある。
いうなれば世間の常識を逸脱した「いっぷう変わった」両親を持つ少年の成長記仕立て。少年少女向けの冒険小説のような魅力に引き込まれる。

小学6年生にしては結構、賢い少年から見た大人像が面白い。見つめられれば、かえって恐縮してしまうような、すくまずにものを見る少年の真っすぐな目だ。
豪放磊落、天衣無縫というか天下のヤンチャクチャともいうべき父はハチャメチャではあるが、真っすぐな少年の視線の前で何一つやましい心なく胸を張る。
母も心底、父の信念を我がものとしてすくっと立つ。声高に主義主張するのではなく、大地を吹き渡る風のような「一途」が少年の瞳に映る。

帯・上巻の「父は元過激派だ」、下巻の「母も元過激派だ」の「元過激派」に注目して読み始めたとして、途中まで「これでいいのか?」感を抱いたとしても、読み終えるころには様々な「モヤモヤ」は胸のすく爽快感に置き換わっているだろう。

「元過激派」世代のひと世代後の作者だからこそ、ごくシンプルに素材を素材として存分に使いこなし、人間味あふれる痛快パロディーが生まれたのだと、まさしく当該世代の読者を納得させるに違いない。

いろんな感慨はちょっと横へ置いといて、頭を単純にして、ストーリー展開を楽しめばいいではないか。

時は確実に流れるのだ。
流れ流れて、時代の正しさと誤謬も沈んで川底に消失したり、浮いて瀬に乗り大海へたどり着いたりするのかもしれないと、つくづく…












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ