勝手に読書録

邪魔

061.jpg

作者名:奥田 英朗
ジャンル:小説
出版:講談社文庫

邪魔(上)
邪魔(下)


さてこれは刑事もの?
刑事が犯人を追うのだからして。いやしかし、ちょっと枠外のような。

では、サスペンスなのか?
んーん…サイコといえば言えるな?。確かに。

刑事ものであり、サイコであり、人間ドラマであり…複数のフィールドに足を突っ込みながら、どれにもどっぷりというわけでもなく、しかしながら的確に掘削された、これが奥田作品の奥田作品たる所以なのかもしれない。

社会面の片隅にごく小さな記事にしかならないような、ありふれた「事件」をとっかかりに「世間」や「警察組織」や「人間心理」をあぶりだす見事。など感心しているうちに上下巻を読み終わる。

が、読後にじーんわり効いてくる、怖さ。

どこにでもいそうな主婦。「誰それさんの奥さん」「なになにちゃんのお母さん」もっぱら付帯として総称される「罪なき」社会的スタンスがいつの間にか入れ替わる。犯人の妻。

大切なものを守ろうとして、忌むべき総称を跳ね返そうとしてもがくあまり、何が最も大切にせねばならないものなのか、何を守ろうとしていたのかさえ見失うというワナ。
ちょっとした道しるべの見誤りが一旦「価値観」にネジレを起こすと、ついには、とんでもない落とし穴にはまり込む。


いやいや、他人事ではありません。
人間はかようにか弱いものなんでしょ。

何が何のために「邪魔」なのか?
deleteする前に、もう一度よーく考えないといけませんな。


ため息が出る。












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ