勝手に読書録

新宿・夏の死

072.jpg

作者名:船戸 与一
ジャンル:小説
出版:文春文庫

新宿・夏の死(文春文庫)


まあ、文庫本なのにかさばること!

夏の、しかも新宿を舞台の今の今を描いた8編が編まれた中篇集。

当然、新宿名物?のおかまのねえさんから、ホームレス、ヤクザ屋さんまで種種、登場し、家出娘捜索、リストラ問題や、およそ「現代日本」の様相が700ページを超えて語られる。

近代および現代世界の民族紛争を扱った大作に比べて、ガハハと笑ったりしながら「ややハードな要素が少ないな」と思えるのも束の間、読み進めると、どうして、さすがに血なまぐささは若干希釈されてはいるが、ドンパチが少ないわりになかなかハード。

読後は「爽やか」などとは遠く、かなり気が重くなる。

仕方がないね〜

ノーテンキ、平和ボケなど「ほんまかいな」と怖くもなる。むしろ中身の混沌と裏腹な見え方をしていること事態が、相当にヤバイってことだもの。

船戸作品を読みあさる者として、北京5輪の開会式「現在も紛争が続いております」の参加国紹介に胸を痛め、「ふんなチャラッとで済む話かい?」と憤激してみるなんざ、まだ現状認識が甘いってことさ。

日本たりといえども、世界で起こっていることと無関係でいられるわけはない。どこでどう糸づいているのか、思えば思うほどにハードでそら恐ろしい。












  読み物 勝手に読書録   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ニューノーマル

ソウルを震撼させる連続殺人事件、そ…

旅塾

▲このページのトップへ