ikkieの音楽総研

第258回 邦楽編 ANTHEM―― 日本HR/HMシーンの重鎮! デビュー35周年を迎え、さらなる飛躍を期待!

2020 / 04 / 14

ANTHEM.jpg コロナウイルスの感染拡大が止まりません。首相による緊急事態宣言も発令されましたが、その内容や、記者会見での発言は、俺には到底納得できるものではありませんでした。自粛要請による休業の影響のため、閉店や閉館を決めたライヴハウスや飲食店、小劇場が出てきています。本当にこんなやり方でいいんでしょうか。納得できません......。それでも、気分を切り替えて行きましょう! 今回は日本が世界に誇るヘヴィメタルバンド、ANTHEM をご紹介! ANTHEMは今年でデビュー35周年という大ベテランです。

ANTHEMは85年にデビューしたヘヴィメタルバンド。度重なるメンバーチェンジや解散を経て、現在もなお日本のHR/HMシーンを牽引している重鎮です。俺がANTHEMのことを知ったのは彼らがセカンドアルバム を発売したころで、ギター雑誌なんかでその存在を知ったんじゃなかったかなあ。ギターキッズだった俺は、ヤングギター に載っているようなバンドを片っ端から聴いていたから、何ページにもわたって特集されていたANTHEMも当然聴いてみるわけですよ。ただ、最初の印象はあんまり良くないものでした。

当時の俺は洋楽ばかり聴いていたこともあって、日本語で歌われるHR/HMが苦手だったんだよね。それに加えて、BON JOVIMÖTLEY CRÜEのようなポップさもあるバンドが好みだったし、ANTHEMの硬派なヘヴィメタルはピンとこなくて。そして、ANTHEMは他の多くのHR/HMバンドと違って、ベーシストの柴田直人 さんが中心のバンドで、ソングライティングも柴田さんが中心だったと知り、なんとなく敬遠してしまった......という記憶もある。今となってはすごくバカみたいだと思うけど、メタルバンドはギタリストが中心じゃないとダメだ、なんてことを思っていたのかもなあ。とんでもない偏見だし、MÖTLEY CRÜEだってベーシストが中心のバンドなのにね。

ところがところが、高校時代にバイトしていた地元のライヴハウス で観たANTHEMのライヴが凄くてね。坂本英三さん(かの有名なアニメタル のシンガーです)から森川之雄さんにシンガーが変わった初めてのツアーだったんだけど、この森川さんが凄かった! 森川さんの野太い歌声は、VOW WOWの人見元基さんなんかを彷彿とさせるほどの迫力だったし、ギターの福田洋也さんも華があって、すごくカッコ良くてね。名ばかりの警備員として洋也さんの真ん前でライヴを観た俺は、洋也さんの手元を凝視していたよ。柴田さんもさすがの貫禄で、なんて凄いバンドなんだと、すっかり宗旨替え。いや、ほんとカッコ良かったのよ。日本語のヘヴィメタルが苦手なのは相変わらずではあったけど、ANTHEMは別格、と、それ以降はとても気になるバンドになったのでした。

『Venom Strike』
わたくしikkieのフェイヴァリットソング! 現メンバーによる超強力なライヴ映像です! アガる!

 

しかし、それから2年後の90年に洋也さんが脱退し、さらに2年後の92年に森川さんの脱退に伴い、ANTHEMは解散してしまう。この当時は日本の代表的なHR/HMバンドが続けざまに解散し、そのメンバー達による新しいバンドが結成されていたりしていて、そういった変革の時代だったのかもしれない。これ以降、世界的にもHR/HM不遇の時代が始まったのも関係があったのかな......。

ANTHEMが解散していた時期には、柴田さんがLOUDNESSに加入したり、最後のギタリストだった清水昭男さんがジャニーズのユニット、トラジ・ハイジ へ提供した楽曲が大ヒットするなど、なかなかの衝撃な出来事があって、それぞれが順調に活動していたように見えたものの、根強い再結成待望論もあり、01年に坂本英三さんをシンガーに迎え再結成を果たす。ただ、森川さんのファンだった俺は、再結成を嬉しく思いつつも、正直なところ、英三さんか......と、ちょっと落胆もしていました。

『Gypsy Ways』
洋也さん時代の楽曲を清水さんのギターで。清水さんてほんと過小評価されていると思う。ワールドクラスのギターヒーローになってしかるべき実力の持ち主だよ。

 

そんな中途半端なファンの俺が何を言おうがANTHEMにはまったく影響がなく(当たり前だ)、順調に活動を続け、解散前にも劣らないほどのファンベースを築き、国産HR/HMバンドとしては断トツの人気だったという。長い歴史の中で音楽性を変えてしまったりするバンドもいるなか、ANTHEMはまさに"真摯"という言葉がぴったりなほど、徹頭徹尾ANTHEMだ。日本ではあまりポピュラーになりにくい音楽性ではあるけど、もっと評価されてしかるべき存在だと思うし、海外からも認められるバンドだと思う。

『Empty Eyes』
英三さん時代の楽曲も。英三さん時代だとこの曲が一番好きかな。リフも歌メロもカッコいい! 英三さんも当然ながら凄いシンガーです。

 

そして、14年には森川さんが復帰、2枚のアルバムを発表したのち、19年にドイツのヘヴィメタル専門レーベルと日本人初の契約を締結! ようやくANTHEMが世界に認められる……と思っていたところの、コロナ禍だ。せっかくのデビュー35周年がこんなことになってしまってとても残念だけど、これまでもいろんな困難を乗り越えてきたANTHEMなら大丈夫! 事態の収束後には、これまで以上の活躍を見せてくれるはず。期待しています!


※ikkieのYouTubeチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC-WSajndNhq0tu7K7-MBEmQ?view_as=subscriber 













エンタメ ikkieの音楽総研   記:

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ストレイ・ドッグ

あのニコール・キッドマンが、美貌を…

旅塾

▲このページのトップへ