インタビュー/記者会見

『BAR神風〜誤魔化しドライブ〜』完成披露試写会!
高木心平、柾木玲弥、染谷俊之、高崎翔太、八神蓮、
山田ジェームス武、そして窪田将治監督が登場。
高木「この映画はひとりひとりが監督と戦って完成させた作品」

BARKAMIKAZE_001.jpg3年連続モントリオール世界映画祭(『失恋殺人』『CRAZY-ISM クレイジズム』『僕の中のオトコの娘』)に正式出品されるなど、海外でも高い評価を受けている窪田将治監督。先月『D坂の殺人事件』が公開されたばかりの窪田監督の近春公開の最新作『BAR神風〜誤魔化しドライブ〜』の完成披露試写会が3月8日(日)、都内港区の虎の門・発明会館にて、キャストの高木心平、柾木玲弥、染谷俊之、高崎翔太、八神蓮、山田ジェームス武、そして窪田監督が出席して開催された。取材はその第1部から。

高崎:みなさん、こんにちは! 映画はいかがでしたか?
ぼくが今日いちばん最初に楽屋に入ったんです。そしたら監督に「お前ヤル気あるなっ!」って、それで司会をヤレと(会場笑)。では、みなさんを呼んでみたいと思います!
高木:どうも〜。
高崎:心平さんは何時に楽屋に入りましたか?
高木:僕は(今から)20分くらい前に入りました。ギリギリでした(会場笑)。
―キャストと監督が登場して……

BARKAMIKAZE_002.jpgBARKAMIKAZE_003.jpg高崎:まずは、みなさん自己紹介をお願いします。
高木:『BAR神風〜誤魔化しドライブ〜』完成披露試写会にお越しいただき、ありがとうございます。笹塚修平役の高木心平です。(高崎の進行を見て)今日はこんな感じなんだ?
高崎:はい! ポンポン行きます!
柾木:今日は花粉症でうまく喋れないですけど、米田準役の柾木玲弥です。
染谷:池先和夫役の染谷俊之です。今日は楽しんでいただけたらなって思っています。
八神:田代和則役の八神蓮です。今日は3部イベントがありますけど、1部〜2部の参加なので、その2回で3部分話していきたいなと思っています。
高崎:イイ心がけですね!(会場笑)
山田:本日は『BAR神風』披露宴にお越しいただきありがとうございます!(会場笑)ん?? 披露試写会ですね!! 土屋卓也役の山田ジェームス武です。
窪田監督:はい! 監督役の窪田です。面白かったですか?(会場拍手)拍手をねだってますね(笑)。今日はよろしくお願いします。

BARKAMIKAZE_004.jpgBARKAMIKAZE_005.jpg高崎:まずは、役柄について教えてください。
窪田監督:ぼくは現場で「ヨーイ、スタート!」って……。出てるようでこの映画には出てません(会場笑)。
高崎:現場で、空気を締めていただいたので、空気役ということで……(キャスト&会場笑)。
高木:ぼくはBAR神風の店長で、辛い過去を背負い、そのため料理を作ることを辞めてしまった青年です。
柾木:ぼくは思い悩んでいる漫画家の役です。高崎翔太さんと一緒にね……。
高崎:ありがとうございました。玲は、すごい人見知りで、現場で最後には打ち解けたと思っていたんですけど、今日久しぶりに会ったら目を合わせない(会場笑)。
柾木:そうなんですよ。申し訳ないです(キャスト笑)。
染谷:ぼくはバンドマンの役で、女癖が悪くて、ちょっと頭のおかしい……(会場笑)。
高崎:ふだんは女癖は悪いんですか?(会場爆笑)
染谷:ふだんは女癖悪いんですよ〜って、そうだとしても言わないですよ!

BARKAMIKAZE_006.jpgBARKAMIKAZE_007.jpg八神:ぼくは警察官の役だったんですけど、修平の幼なじみでもあり……。
高崎:刑事役は?
八神:刑事役は経験ありました。でも、さっき試写を見てて「これ、捕まるんだねって」話しをしてたんです……。
窪田監督:ほんとは捕まらないけどね。
八神:そうなんですね、場を収めるために……。
窪田監督:そうそう。
八神:撮影が去年の6月で、5日間くらいで撮影しました。
染谷:でも、ずいぶんと長い5日間でしたね。
窪田監督:寝なかったからね〜。
山田:ぼくは蓮くんの部下で正義感が強い役でした。ぼくとは真逆なタイプでしたね。
高崎:監督は自分はどのタイプに近いと思いますか?
窪田監督:え〜〜〜〜!
高崎:染ちゃん?
窪田監督:あはははっ!(キャスト笑)違うよ! う〜ん、漫画家かな?

BARKAMIKAZE_008.jpgBARKAMIKAZE_009.jpg高崎:みなさん、自分と役柄と似ているところ違うところは?
高木:辛い過去を背負っている役だったんですけど、自分自身はイヤなことは、なるべく忘れて生きて来ましたので、その部分は違うかなって。似てるところは、パスタが上手なところ?
高崎:まごころのあるパスタね!
高木:なんなのそれ?
高崎:ふたごのそっくりなね。仲はイイんですか?
高木:万平の話するの? 仲イイですよ。
高崎:服装も似てますよね!
高木:まだ、その話を続けるの?(会場笑)今日の服装は、万平の服です。
高崎:兄弟が仲が良いことは、羨ましいことですねっ!(会場笑)
高木:(高崎の受け答えを聞いて)あなただれ?
高崎:いや〜、さっき司会をやれっていわれて、何を聞いていいかよくわかんなくて……。
窪田監督:(高崎)お前の役は?
高崎:ギリギリ出てました! 見切れてましたけど(笑)。ぼくは無能な編集者の役でした。イヤな役でしたね。こういう人っているよねって思いながら、台本を読みました……。
ハイ! ということで(会場笑)、玲弥さんいかがでしたか?
柾木:ぼくの場合は、大きく違うところはなかったかなと思います。
高崎:ふだんから苦悩して?
柾木:そうですね。悩んで、ゼロから物語を生み出しています(笑)。

BARKAMIKAZE_010.jpgBARKAMIKAZE_011.jpg高崎:ウソでしょ〜?(笑)染ちゃんはどうでしたか?
染谷:ぜんぜん似てないです! 女癖が悪いとか……。(会場笑)
窪田監督:強調するね! なんかあった?
染谷:ぜったいツッコまれると思いました(笑)。でも、作り手として良いモノを作ろうとするところは自分と重なる部分がありますね。あと、バレたら開き直るところかな?(会場笑)
高崎:ぼくの唇はどうでしたか?(会場笑)
染谷:台本を読む前にマネージャーさんから、キスシーンあるよって聞いていて「マジで〜」って思っていたのに……。
窪田監督:初めてのキスシーン!
高崎:初めてだったの?(会場笑)
染谷:そうだよっ!!
高崎:あ〜、ゴメンネ!(会場笑)蓮くんはいかがでしたか?
八神:実際に心平と同じ出身地で同じ年だったので、やりやすかったですね。……(沈黙)……それぐらいですかね(会場笑)。
高崎:刑事役はいかがでしたか?
八神:友達に警察官がいたら緊張しませんか?
高崎:どなたか友達で刑事さんっています?
窪田監督:いるよ!
高崎:緊張しませんか?
窪田監督:別にしないかな〜(会場笑)。でも、大騒ぎできないとかあるかな〜。
高崎:ジェイくんはいかがでしたか?
山田:ぼくは真逆ですね。遅刻とかもしちゃうし……。
高崎:それダメでしょ(会場笑)。でも、撮影の時は真面目でしたよね。
山田:撮影はね〜(笑)。

BARKAMIKAZE_012.jpgBARKAMIKAZE_013.jpg高崎:監督は役柄を全員フルネームで付けられていますが、意図とかはありますか?
窪田監督:名前がちゃんとないと、そのキャラクターが可哀想かなって。あと、男女あわせて11人出演者がいると、キャラクターが被ってしまったり、思い浮かばなかったりするんです。その時に姓名判断をして、タイプを決めたりします。キャラクターごとに生年月日もつけますよ。
高崎:姓名判断をすると、どうなんですか?
窪田監督:8割程度はあたってるかな? キャラクターに近づいてくるね。
高崎:面白いですね。

高崎:今回は、メンバー全員が若手でしたが、心平さんは主役としていかがでしたか?
高木:やりやすかったですね。みんなエネルギッシュでした。監督に現場の空気をしめていただいて、毎日ドキドキしながら……。
高崎:ご飯が食べれなくなりましたね。体に悪い!(会場笑)
高木:集中力を切らさないように、食らいついて演じました。

BARKAMIKAZE_014.jpg高崎:では、ここで監督の名言集に……。
監督に言われたセリフでいちばんキツかった言葉をみんなに聞きたいと。(会場拍手)
染谷:ぼくは「ギャラ泥棒! テメーが俺にギャラ払え!」って言われました(笑)。
高崎:すごいね〜。
窪田監督:面白いね〜(会場笑)。
柾木:ぼくは「ケンカ売ってんのか! オモテ出ろっ!!」
高崎:今だから笑えますよね!
山田:ぼくは「いっぺん死んでこい! 1回じゃ足りない!」
染谷:ぼくはもうひとつ「明日の空気を吸わせなくしてやろうか!」(会場爆笑)
窪田監督:俺って、すごいひどいヤツじゃん!(会場笑)
高崎:いえいえ、愛がありますよね〜!
八神:ぼくは2度目だったので、免疫がついてました(笑)。『夜明け前朝焼け中』の時には、いっぱい言われました(会場笑)。
高木:テスト撮影の時に監督がそっと来て「芝居違うからな」って言われて、えっ? なんだろって考えちゃって、その後の「はい本番!」って時がいちばん怖かったですね。
高崎:ぼくも今回2回目で、前の作品の後に舞台では怖くて有名な演出家さんの作品に出演したんですけど、なんにも怖くなかったですね。監督の現場を経験すると他の現場ってなんにも怖くないんだなって(会場笑)。
窪田監督:みんな盛っているので、みなさん信用しないでくださいね〜。役者はウソつきですから……。
高崎:そうです、全部ウソです(笑)。信じるか信じないかは……、
窪田監督:あなた次第!

BARKAMIKAZE_015.jpg高崎:では最後に、ひとことずつメッセージをお願いします。
高木:この映画はひとりひとりが監督と戦って、スタッフの方々と話し合って悩みながら完成させた作品です。たくさんの人に観ていただきたいです。みなさん、応援よろしくお願いします。
柾木:窪田監督と出会って、ぼくの芝居に対する考え方が変わった作品です。みなさんに広めて欲しいなって思っています。
染谷:役作りってなんだろうって、考えさせられた作品です。この作品を忘れないようにしようと、監督とのツーショットの写メを待ち受けにするくらい(会場笑)。すごく成長させていただきました。みなさん映画館に観にきてください。
八神:今、ラストシーンでテストどおりにいかなくて涙したことを思い出しました。より良いものを作ろうという思いで挑んだ作品です。4月4日(土)から始まりますので、みなさんお友だちを誘って観にきてください。
山田:撮影時間は短かったんですけど、長く感じた作品でした。窪田監督にも厳しく指導していただき、勉強にもなり成長もできました。キャスト全員が考えながら、必死に作り上げた作品です。
窪田監督:みんながんばってくれた作品なので、ひとりでも多くの方に観ていただきたいと思っています。あと、今日は桑田あゆみ役の萩原鈴が会場に観にきてくれました。
萩原:あゆみ役を演じました、萩原鈴です。今日は観ていただきありがとうございました。たぶんみなさん今「えっ? だれ!」みたいな感じだと思いますけど……(キャスト笑)。映画ではケバケバな格好だったので……。私は監督に直談判して、キャスティングしていただいた作品です。私の初出演映画です。ひとりでも多くの人に観ていただきたいと思います。
高崎:みなさん今日はありがとうございました(会場からは盛大な拍手)。

BARKAMIKAZE_016.jpg


BARKAMIKAZE_017.jpg【関連記事】
【新着情報】BAR神風〜誤魔化しドライブ
映画『D坂の殺人事件』完成披露試写会&舞台挨拶
映画『グレイトフルデッド』試写イベント舞台挨拶&LIVE!!
【映画情報】夜明け前 朝焼け中

BARKAMIKAZE_018.jpg


監督・脚本・編集 窪田将治 (「失恋殺人」「僕の中のオトコの娘」「D坂の殺人事件」他)
出演:高木心平 瀧内公美 柾木玲弥 染谷俊之 / 高崎翔太 八神蓮 山田ジェームス武 萩原鈴 桑原みずき 小崎愛美理 / 金澤美穂
エグゼクティブプロデューサー:佐伯寛之 菅谷英一
撮影:道川昭如
録音:田邊茂男
美術:岩田有立
ヘアメイク:平岡美樹
衣装:森内陽子
助監督:大城義弘
キャスティング:東谷雄太
音楽:與語一平
制作プロダクション:FAITHentertainment サモワール
製作:FAITHentertainment サモワール グループファーストエース
配給・宣伝:FAITHentertainment サモワール
公開:4月4日(土)よりブリリアショートショートシアター 他、順次公開!!
 

©2015「BAR神風〜誤魔化しドライブ」製作委員会












エンタメ インタビュー/記者会見   記:  2015 / 03 / 16

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
たちあがる女

送電線に向けて弓矢を引く中年女。彼女の…

旅塾

▲このページのトップへ