この冬をどうやって乗り切る?――フィンランドのバレンタインデー

フィンランド・ヘルシンキ

201302_bannar.jpg
フィンランドのバレンタインデー2月14日の過ごし方は様々。そもそも、2月14日が特別な日としてフィンランドのカレンダーに記されたのは1987年。さらにこの日はバレンタインデーという名前ではなく、「友達の日(Ystävänpäiväユスタヴァンパイヴァ)」と呼ばれていて、恋人同士だけでなく親しい友達同士がカードや贈り物を交換する。クリスマスの次にカード需要が多いのだそうだ。

20120218_a.jpg
フィンランドではチョコレートと並んで花やケーキのプレゼントも多いとか
もちろん、恋人同士や夫婦でロマンティックな日として楽しむ人たちも多い。14日当日には花屋でバラやチューリップの花を買う人々の姿を見かける。婚約の日としても人気のある日だ。贈り物は花だったりケーキだったり、やっぱりチョコレートだったりいろいろ。14日が近くなると、今年はどんな贈り物で大切なあの人を驚かせようかと、頭をひねる。

20120218_b.jpg
フィンランドの旅行会社。
バレンタインは南の島へ?
そんな様々なバレンタインデーの過ごし方のひとつとして、友達同士、あるいはカップルで短い旅行に出る人達もいる。2月14日近くなると、「1人分料金で2人分のチケットゲット!」という旅行会社のセール商品が出るのだ。

「暖かいあの国で暖かい贈り物を!」
「そこ(マヨルカ島)には、ふたりのロマンスへの入口が!」
「南でもっと友情を温めたい!」
(フィンランド旅行会社の宣伝広告より)

行き先も、カナリア諸島にロードス島、クレタ島、マヨルカ島にエジプト紅海ビーチリゾート。冬の間、ほぼ毎日氷点下が続くフィンランド。なにがなんでも南だ!と鼻息荒い。バレンタインデーの翌週がスキー休みで子供たちの学校がお休みということもあり、南国へのバカンス旅行絶好のチャンス、というわけだ。

20120218_c.jpg
「友達の日」としてカードを贈る習慣も
冬の一大行事クリスマスも年明けのセールも終わっちゃったし、春のきざしが感じられるイースターまであともうちょっと、という声が聞こえてきそう。真っ暗で寒いフィンランドの冬の日に14日の贈り物のアイディアをひねっているうちに、明るくて暖かい南の国でのバカンスを夢見てしまうのだ。











特集 特集記事   記:  2013 / 02 / 18

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】インフィニティ・プール

スランプに陥った作家が、リゾート地…

旅塾

▲このページのトップへ