幻のお花畑にトレッカーも"霧中"!

ペルー・リマ

201306_banner.jpg
ペルーの首都リマから100kmほど北上した海岸砂漠地帯に、これからの季節にオススメのトレッキングポイントがある。それが「ラチャイ国立自然保護区」だ。

緑に覆われた大地、小さく可憐な花々。アンデスウサギと呼ばれるビスカチャやヤマウズラが姿を現し、それらを狙ってタカやフクロウ、時にはキツネもやってくる。標高は750mとそう高くなく遊歩道も整備されているので、初心者でも自然を楽しみながら散策できる人気の場所だ。

20130617_a.JPG
一面緑に覆われる冬のラチャイ国立自然保護区。
乾いた砂地と太平洋が遠くに霞んで見える
ところで日本で“山開き”というと初夏のイメージだが、こちらペルーでは冬がシーズンである。特にラチャイ周辺は、ごつごつとした岩山や砂丘が広がる不毛の大地。これといって見るものもなく、夏場は暑いだけで全然楽しくない。ところが冬になると、この砂漠が瑞々しい緑の楽園に変貌するのだ。一体どういう仕組みなのだろうか?

ラチャイを含むペルー海岸部は、一年を通してほとんど雨が降らない砂漠性気候。しかし、冬になるとガルーアと呼ばれる濃い霧が海から流れ込み、岩山にぶつかって停滞する。湿度はほぼ100%。雨のように地面に降り注ぎはしないが、立っているだけでじっとり濡れてしまう。まるで天然のミストサウナのような状態になるのだ。その水分が砂の大地を湿らせ、夏の間、地表近くでひっそりと眠っていた植物たちを一斉に芽吹かせる。このガルーアが発生し始めるのがペルーの冬、6月ごろなのである。

20130617_c.JPG
あたり一面を桔梗色に染めているのはジャガイモの原種
20130617_b.JPG
なんでもない小さな花に、生命の息吹を感じる
霧に包まれたラチャイはとても神秘的だ。靄で視界がぼやけ、平衡感覚を失いそうになる一方で、足元の名もなき花が空中のわずかな水分を得、力強く咲く様子にはっとさせられたりする。幻想の世界とそこに息づく確かな命、そんな相反する意識を体感できるのもラチャイの魅力といえよう。

さて、誰でも気軽に歩けるラチャイだが、服装には充分な注意が必要だ。ラチャイの天気は千変万化。ダウンジャケットが必要なほど寒くなるときもあれば、霧が晴れた途端に暑くなり、ペルーが赤道に近い国であることを改めて実感させられたりもする。重ね着を基本に、防水対策もしっかりと。周囲のペルー人たちの適当な恰好にゆめゆめ騙されてはいけない。彼らと同じようにコットンTシャツなんかで歩こうものなら、きっと風邪をひいてしまうだろう。











特集 特集記事   記:  2013 / 06 / 17

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【新着情報】愛なき森で叫べ

★監督:園子温監督×主演…

旅塾

▲このページのトップへ