【初秋は公園】"観風会"の酔い覚ましに散歩へ出かけて出会うは......

北海道・定山渓温泉

20131007_a.jpg
札幌の奥座敷・定山渓温泉にはかっぱが出る!?
宴席を楽しむ季節の行事……として、まず頭に思い浮かぶのは?

本州以南の方であれば、春の「お花見」ではありませんか〜。

もちろん、北海道でも桜が咲けば、お花見、やりますよ! ジンギスカンをお供に♪ しかーし、この北の大地では、秋にも「紅葉」という大義名分を引っさげて、宴席を設けるのでございます。これが「観楓会(かんぷうかい)」。紅葉を愛でながら飲食する行事なのですが、お花見のように屋外である必要はなく、日帰りもあれば一泊の宿泊を伴う場合も(純粋に「紅葉」を鑑賞する場合は「紅葉狩り」として区別しています)。その宴会会場に利用されるのが温泉宿。札幌からの定番スポットといえば、定山渓温泉が筆頭に挙げられます。

そして、この札幌の奥座敷・定山渓温泉にある二見公園には……日本では「ツチノコ」と並んで名を馳せている未確認生物のひとつ、河童……「かっぱ大王」が鎮座しているのでありました。二見公園以外にも、この温泉街には23の河童像があり、今や河童は定山渓のマスコットになっているんですね〜。昨年には新キャラクター「かっぽん」まで登場! 札幌市南区に特別住民登録を果たし、全国区でのブレイクを目指し(!?)躍進中のキャラクターなのです。

20131007_b.jpg
こちら「かっぱ大王」。大王って雰囲気がありますね
全国津々浦々にある河童伝説。ここ定山渓に残る伝説は……。
「とある青年が豊平川の淵で魚取りしていた時、 足すべらせた訳でもないのに、急に引込まれるように川底に沈んでいった。これを目撃していた人達がすぐに飛込んだが、 淵が深くて救助する事が出来なかった。無情にもこの青年は発見される事なく一年が過ぎた。一周忌の当夜、故郷の父の夢枕に立った青年が語ったのは……『私は今、河童の妻と子供と一緒に幸せに暮らしている』。村いちばんの美男子だったこの青年、その淵に住んでいる河童に魅入られたのだろう……と、そこを「かっぱの淵」と称するようになったが、以後、その地で遭難する者はまったくなくなったという……

20131007_c.jpg
かっぱのお菓子も当然いっぱいあります
豊平川に沿って遊歩道が続く二見公園。観楓会でのドンチャン騒ぎで盛り上がった後、酔い覚ましにふらりと散歩に出かけても、「かっぱ大王」のご加護の下、無事に宿へ戻ってこられるのであろう……。











特集 特集記事   記:  2013 / 10 / 07

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画情報】ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave

★夢から逃げ出したあの日ー。 ★今、止…

旅塾

▲このページのトップへ