【晩秋は駅】お犬さま天国のノルウェー・ベルゲン駅

ノルウェー・ベルゲン

20141208_a.jpg
構内は天窓で明るいベルゲン駅
ノルウェーの首都オスロからベルゲンへ汽車で移動した時のこと。“国内”と言っても約7時間の汽車の長旅だ。
ベルゲンというと、かの有名なフィヨルドのツアーに参加する人が多い。そこから入り江全長204km、標高1700mを超える山々などを見ながら船で旅をするわけで、厚着をした観光客でベルゲン駅は今日もいっぱいだ。
オーストリアとノルウェーのハーフの友だちがベルゲンで夏休みを過ごしているので、足をのばして再会することにした。彼女はウィーン大学で北欧の研究をしている。毎年長い夏休みは母親の住むベルゲンで過ごすのが約束だ。

20141208_b.jpg
ノルウェー国鉄幹線ルートを走る特急列車の発着駅でもある
汽車の中には、ノルウェーに養女になって来たというアジア系の女性がいた。オーストリアの汽車と違って、連れていた犬には口輪もしていない。「12歳のおばあちゃん犬なのよ」と笑っていた。とても大人しくて飼い主の足元にうずくまって寝ているか、少しじゃれたかと思うとまた寝ている。そのうちに女性の車掌が来て“切符を拝見”して行ったが、「水飲み用のナップを用意しなくても?」と聞いただけでニコッとして通り過ぎた。
犬の場合、日本ではカートに入れて顔を出さないようにしないといけないし、中型犬や大型犬など乗車しているのを見たことがない。さすがにヨーロッパは犬を飼うという意識からして違うのだなと感心していた。その女性は犬と一緒におばあさんの家に滞在するらしい。長旅もものにせず、とても静かに汽車の旅が終わった。

20141208_c.jpg
ここにも愛犬家が
1913年創立されたベルゲン駅。駅の建物はノルウェーにある歴史的な建物のひとつで、有名な駅だ。建築家のJens Zetlitz Monrad Kiellandがベルゲン市内で多く見られる石造建築物と同様にデザインした。ガイドブックによるとベルゲン駅は2003年から重要な修復を行なわないよう保護されているとのことで、大都会のガラス張りの立派な、ショッピングモールと間違えるような駅とは違い、ひっそりとでも重厚な感じで存在している。あまり構内にはショップらしいショップもないが、こちらは駅近にホテルを取っているので問題ない。
構内を観察していると、年金暮らしと思しきおじいさんが愛犬と一緒に椅子に座っている。誰かを迎えに来ているらしく、嬉しそうだ。ここでも犬は当然のように待合室にいるし、家族の一員として迎えられている彼らは羨ましい。
 
20141208_d.jpg
03年以降は修復はしないように保護されている
ワンちゃんに元気をもらって、ホテルを目指して駅を後にした。
これから行くフィヨルドツアーに期待を弾ませながら。











特集 特集記事   記:  2014 / 12 / 08

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】ストレイ・ドッグ

あのニコール・キッドマンが、美貌を…

旅塾

▲このページのトップへ