わたしこんなの買ってはる

1カ月に1度、おやつ愛好家の贅沢お買い物――ワンコインでおやつタイム

北海道・札幌市

110224_01_01.jpg
1年の始まりはロシアンシューで
え、本当にワンコインでいいんですか? 思わずそう言いたくなってしまう贅沢さが、六花亭の予約制ワンコイン「おやつ屋さん」。毎月7日予約販売、500円也。

これは、スウィートではなく、まぎれもなくおやつ。珈琲をたっぷり入れて、おやつの時間。ここ、「スウィーツの時間」ではなんだかしっくりこないのだ。

ずっと昔、食事がまだ1日2食だったころ、朝食と夕食の間に間食をとっていた。この時間がだいたい八つ刻(やつどき:午後2〜4時)。そのため間食のことを「おやつどき」→「おやつ」と呼ぶようになったとか。日中のエネルギー補給が目的。晩御飯まであと4時間? えー、お腹すいた。こんな時に、おやつの登場だ。

110224_01_02.jpg
おやつ愛好家すっかりウットリ
110224_01_03.jpg
おやつ愛好家カラフルな
楽しさに目が釘付け
110224_01_04.jpg
おやつ愛好家目もハートに
おやつの効用はすばらしい。脳は体重の約2%程度の小さな臓器であるにも関わらず、そのエネルギー消費量は体全体の約20%にもなる。脳はエネルギー源としてブドウ糖しか利用できない。でんぷんがブドウ糖に分解されるまでには時間がかかるが、砂糖は速やかに分解され、脳内に取り込まれる。さらに、ブドウ糖は脳内に蓄えることができず、常に食事から糖質を摂る必要がある。効率よくエネルギーを供給するには、適度なおやつが欠かせないというわけだ。

もちろん、心の面でもおやつは大活躍する。好きなものが食べられるという楽しみと余裕。脳がリラックスしていると、本来の能力が充分に発揮されやすい。

「上手なおやつの取り方で生活にハリを持たせ、健全な精神活動を!」おおー!
と、おやつ愛好家の言い訳(?)は尽きない。そうそう、仕事で疲れたらおやつをとって、心も体もリフレッシュ! おやつ愛好家は一人張り切る。

110224_01_05.jpg
洋菓子から和菓子まで12月ベスト
今年初めてのおやつ屋さんは、「ロシアンシュークリーム」。そして2月は「あじわいいろいろチョコケーキ」。昨年12月は一年間おやつ総まとめ「ザ・ベスト」として、バタフィーユ、帯広の森、ブッセ、生粉餅、ロールケーキ。和菓子から洋菓子まで、勢ぞろいのラインナップ。おやつ愛好家はひとりウットリして、どうやらリラックスしすぎの様相。
毎月7日の楽しみ、おやつの日。月末にはいそいそと(月末だけじゃないけど)、六花亭へ向かうおやつ愛好家である。











特集 わたしこんなの買ってはる   記:  2011 / 03 / 07

あそびすとショップ

美味良品 おとりよせしました

編集長!今日はどちらへ?

アラカン編集長モンブランを行く!

BigUp

asobist creator's file

  1. はいコチラ、酔っぱライ部
  2. ikkieの音楽総研
  3. 旅ゆけば博打メシ
  4. うららの愛♡Camera
  5. Tomoka's マクロビカフェ
  6. 三笘育の登山は想像力
  7. 憎いウンチクshow
シネマピア
おもいでリストにエントリー確実、話題の映画!
【映画レビュー】渇きと偽り

干ばつが続くオーストラリアの片田舎…

旅塾

▲このページのトップへ